冷静と情熱の間に フィレンツェ

ローマ、マルタ、ミラノ、パルマと旅をして、
8月にイタリアに来ても仕方のないことが
よくよく分かりました。

目当ての雑貨屋やレストランはどこもやっておらず、
フラレた店の数といったら星の数ほどです。
1勝100敗。
もしボクが「なでしこジャパン」でヨーロッパ遠征に
負け続けたらきっとこんな気持ちなんだろう。

バケーションといってもジェラート屋と靴屋だけは健在で、
どこの街でも、アイス食っちゃ靴買って、
靴買っちゃアイス食ってで、
今手元に4足の靴がある。

最終目的地のフィレンツェも、同じです。
もはや目に付くのは靴とジェラートばかりで、
いっそジェラートを靴に盛ってもらいたい。

イタリアで豆をよく食べる地域といえば
フィレンツェのあるトスカーナ州。
もうレストラン探しは無駄だから諦めて、
今日は生協にやって来ました。
スーパーには惣菜、魚、肉、ハム、チーズ、
オリーブのオイル漬けと豊富な食材。
どうやら観光客はボクだけです。
なんとなく嬉しい。

で、みつけたのが豆の缶詰。
白花豆、白いんげん、金時に近いものまで売っています。
ショッピングかごを持ち缶詰を選ぶボクは
さながらフィレンツェーゼです。
だから、買っちゃった。coop印の豆缶、全6缶。
どんな味だろ。全種類そろったことが嬉しかった。

でもね。
でもでもね。
買ってから気が付いたにょ。
邪魔なこと。
要らないお中元が突然ホテルに届いた気分。
どうすんだよこんなもの。
仕方ないから食べた。
でも味気ない。
当たり前だよ缶詰だもの。
食べても食べても美味しくない。
当たり前だろ。水煮だから。

イタリアの旅。それは、やりばのない怒りと哀しみ。
もはや冷静も情熱も失って、
ボクはフィレンツェの夜を過ごしていく。

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
N-40 美女は好きですか?

ヒトは見た目が大事だという説はいつの時代にも存在し、見た目の美しさがもてはやされる瞬間は多々あります。美女はモテる、そういうイメージもやはりどこかにあります。 でも…井川さんが最近読んだ本によれば、見た目の美しさを持つが

SEO vol.107 中島みゆき「愛だけを残せ」

自分の気持ちを代弁しているかのように感じる。その「共感を生む」ということが、アーティストの素養の1つであると言えそうですが… 気持ちを代弁する「プロ」というのもいて、代弁することに旨味を見つけて発信をしているヒトもいるの

N-39 カワイイって何ですか?

井川さん扮するシャンソン歌手のエトワール★ヨシノさんが、カワイイと言われることがあります。 でも、それは何をもってかわいいのか…井川さんにはよくわからないのだそうです。 対して、とにかく世の中のかわいいものに敏感で、カワ

SEO vol.106 ラニアルズ「恋の歌」

何でもかんでも、正しいか正しくないかの二元論で判断して、 更にはその判断を声高に発信する。 大きく発信されていることが、 あたかも正論かのように受け取られる。 昨今の世の中、特にインターネットやSNSの世界においては そ

裏切り物語

https://www.youtube.com/watch?v=RX3hUGkEcPI ボクはマメヒコピクチャーズとして、何本も映画を撮っているのですが、そのひとつに『さよならとマシュマロを』という作品があります。 主人

N-38 スマホを捨てられますか?

スマホやパソコンを始め、技術の進歩によって私たちの生活には便利な道具が随分と増えました。スマホを肌身離さず持ち歩き、暇さえあれば操作する。それは日常の中のありきたりな風景になっています。 でも・・・!スマホでなんでもでき