最後の夜

9.11の直後にドキュメンタリー番組のディレクターをしたことがありました。

そのときワールドトレードセンターの最上階にあったレストランを取材しました。
そこにスーパーシェフがいました。ロマナコといいます。
彼は開店準備の合間にたまたま珈琲を買いに外へ出たところ
飛行機がビルに突っ込み、彼だけが助かりました。奇遇な人です。
番組は彼と仲間のスーパーシェフがニューヨークのレストラン界を
再建するまでの3ヶ月を追っかけ、
番組は兆しが見えてきたような見せかけで中途半端に終わらせました。
彼はインタビューで何度となく、ニューヨークのレストランというのは
華やかだけど賃金も安いし待遇も悪いしとっても大変な仕事なんだと
繰り返し言ってました。
ニューヨークのレストランはオーダーをとる、食器を下げる、洗う、
全てが分業で、特に下っ端はイリーガルな移民が多かったため、
死亡証明書もなければ、義援金ももらえないという状態でした。

あのテロで死んだ従業員の大半は、
早朝から仕込みや掃除をしていた不法滞在者でした。
遺族とともに、まだ煙り立つがれきの山を一緒に歩いたりもしました。
すごい熱で死体は全部灰になってるから安心しろボーイと
作業員にからかわれたことを思い出す。

その後の彼らのことはテレビの癖でだれも知らない。

でも昨日。
そのロマナコのレストランでたまたま食事をしました。
真新しい匂いのするその店は早い時間から満席でした。
あれから6年が経とうとしてる。
その間大変なことがあったでしょう。
観光客が激減した時期をどう乗り越えたんだろう。
その間ボクはなにをしたのか。
今の方が聞きたいことが多い。
あのとき彼はアジアのテレビ局のしがないボクに傷心のなか、
市場で魚を買うところを見せたのはなんだったのか。
なんでもいいから復活をアピールしたかったんだ。
したたかでずるいだけの人間ならシェフにはならない。

いわゆる高級店でしたが店員はみんな気さくで明るく 味もとてもよかった。
今日、日本に帰ります。帰りの飛行機は修学旅行で満席。

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
N-50 Noと言えますか?

前回に引き続き、ゲストに木島杏子さんをお迎えして、3人でお届けします。 杏子さんは、自分はこうしたい!と思ったら、周りがどうであれ、気にすることなくその信念を貫いて行動ができる方です。それは自分や家族に対してだけでなく、

小説「レモンベーカリー」

『レモンベーカリー』という小説を書きました。 こちらにpdfの形で投稿します。 一年近く、一月一本で書ける長さのものを書いてきました。このたび書いたレモンベーカリーは集大成です。 このような形態の小説を読んでくださる方が

SEO vol.120 杏里「Fly By Day」

専門分野に特化したヒト、0から1を生み出すヒトがもてはやされ、そのメソッドを掘り下げたり、そうなる術を探ることが多い昨今。ともすれば、瀬尾さんは「創作の才能」について掘り下げられがちです。 でも!瀬尾さんのすごさを誰かに

N-49 本物に触れていますか?

ラジオ「井川さんとなっちゃん」が始まって以来初めて、ゲストにお越しいただきました。今回のゲスト、木島杏子さんはマメヒコのお客さんなのですが…ちょっと見聞きしている限り、傍目にはどうも型に収まらない方なんじゃないかと思った

SEO vol.119 柴田淳「ちいさなぼくへ」

見渡してみると、ヒトの損得が気になって、ヒトの粗探しばっかりして騒いでいるような人がとても多くなっているように感じます。 みんなが一緒じゃないわけで、それぞれの身の丈に合った生き方を模索して実践すればいいだけなのにと瀬尾

N-48 フランクリンを目指してますか?

井川さんは「テンションは礼儀」だと思っています。親しき中にも礼儀あり、と言いますが、お互いの間に関係性を築けた相手にこそ、甘えてテンションが低いところを見せるのではなく、いつもご機嫌で接したいし、接してほしいなと考えてい

SEO vol.118 小林信吾「Midnight Sun」

ラジオ瀬尾さんが始まって、早2年…初めてゲストの方がいらっしゃいました!! 栄えあるゲスト第一号の方は…瀬尾さんが仕事をする上で、今やこの人なしにはできないくらいの存在だという、編曲家であり、ピアニストの小林信吾さんです

SEO vol.117 中島みゆき「とろ」

先日、石田匠さんのライブで1曲歌ったという瀬尾さんに ぜひライブをやってほしいという声が届きました。 それを聞いてやろうやろう!と早速盛り上がる井川さん。 でも、一方で瀬尾さんは乗り気じゃないようで… もっとたくさんのリ

N-47 自分と向き合っていますか?

自分の内面と外面のギャップに悩むリスナーの方からお便りが届きました。 自分はこうだ、とか、こうありたい、と思う姿は、他人が見ている自分の姿と違う。そういうことは、誰にだってあるように思います。外面があるからヒトと関わった

アレロパシー、
植物に学ぶバズらせない戦略

イカハゲ塾より〜 除草について ハタケマメヒコをはじめて来年で10年になる。ハタケマメヒコの作業の9割は雑草取りなんだ。育ててる作物の若葉より背丈が大きくならないように、周りの雑草を抜き続けるのがボクラの仕事だ。 とにか