知らないを知るについて

近くて知らない町、台湾。

向学のためにボクは台湾へ時々来ていて、
そのたびに、あぁ、なにも知らないんだなぁ、といつも思ってしまう。

始めて来たとき、台湾のおばあさんが日本の童謡を歌うのを田舎町で聞いた。
日本に帰ってから、台湾が日本の統治下にあった時代のことを知った。

ほどなくして、再び台湾へ行ったとき、

現地のヒトが台湾語と北京語をたくみに使い分けているのを知った。

戦後、外省人、本省人という区別というか差別があって、

それがつい最近まで街の暗部に棲みついていたことをまた初めて知った。

(いや、いまなお続いているのかもしれません)

そういう無知は驚きであるから、

台湾の2.28事件をモチーフにしてマメヒコの芝居として演ったこともあった。

近くて知らない街(国ではないことも知らないヒトがいるかもしれません)が、

こんなに近くにあることはなんとなくむずかゆい。

台湾の食文化に触発されて、台湾茶を始めたり、マメヒコ飯店というものも作ってみたりもした。

今回、小さな町で、豚足を煮込んだものにそうめんを添えた猪脚麺線というのを食べた。
案外おいしかった。ここらじゃ豚肉にそうめんを合わせる。

マメヒコでやったらどうかと思ったりするが、麺が違うからうまくいかないだろう。

なにより今回、一番驚いたのは、

ずっと台湾は豚肉の町だと思っていたことが誤解だと知ったことだ。

マメヒコ飯店も「豚肉だけ」の店です、と宣言していた頃があったのは、

台湾が豚肉の町だという思い込みが後押ししていたことは間違いない。

ところが今朝、久しぶりに裏路地の薄暗い市場に独り入ってみると、

目に付くのは鶏ばかり。鶏、鶏、鶏。

台湾は猪肉ばかり食べているというのはボクの思い込みだったのである。

市場をのぞけば、鶏ばかり食べているのよ、という印象なのである。

なにも知らないんだなぁ。

鶏だってね、白いのから黒いのから、鳩みたいなのから

クジャクみたいなものまでいる。

種類の分からない色んなものが色んな形で無造作に置いてある。

八百屋の軒先のバナナだってよく見れば種類の分からないものばかり。

乾物の類に至ってはもはや知ろうという気も起こらない。

予備知識もなく、まったくなにも知らなければ、たとえ知るチャンスに置かれても、
知ろうとしないものなんですね。

頭にふたをするという感じ。

たまに違う環境に置かれると、
自分はなにも知らないということを知ってしまう。

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
SEO vol.99 コサカアキコ「あなた re-birth」

このラジオではたびたび話題に上がる、アーティストとファンの関係性のお話。 アーティストが活動を続けるにはファンの方々の存在は欠かせないものですが、長い目で見た、アーティストの時間的な成長は必ずしもすべてのファンの方に受け

N-32 具体的なことしてますか?

なっちゃんは昨年、様々な本を読むようになり、ヒトの話を聴く機会も増え、自分の中に知識、価値観が蓄積されてきたと感じています。 そんななっちゃんに、井川さんはまず具体的なことをやらなきゃいけないよと言います。 例えどんなに

SEO vol.98 斎藤哲夫「グッド・タイム・ミュージック」

1ヵ月に及ぶ中島みゆきさんの夜会も、気づけば中盤に差し掛かっています。 コンサートともお芝居とも違う、他のどこにもない「夜会」という形の公演を滞りなく上演するために公演期間よりもずっと長い時間をかけて準備をしてきた瀬尾さ

N-31 自分に厳しくしてますか?

助けてくれる人が周りにいるということは、一見、良いことのように思えます。 でも…!女子高生のなっちゃんや、なっちゃんの周りの友達、マメヒコで働くスタッフ・・・たくさんの女の子たちの姿を見てきて。長い目で見て、ちやほやされ

イカハゲ深夜便 vol.12

今週の井川さんのはなし ~30分 知りませんでしたがロスジェネ世代、ロスジェネ中年なんだそうです。 ロスジェネとは、「ロスト・ジェネレーション」の略で、失われた世代という意味なんだそうです。 この「ロスジェネ世代」にあて

SEO vol.97 中島みゆき「ヘッドライト・テールライト」

海外でのレコーディングがまだ珍しかった頃から アメリカやイギリスといった海外のミュージシャンと 仕事をしてきた瀬尾さん。 彼らと日本のミュージシャンの違いとは どんなところにあるのでしょうか? アーティストの活躍を下支え

N-30 未来を明るく描けますか?

もう2月ですが、今年最初の更新です。大変長らくお待たせいたしました。 お正月のお休みに、おばあちゃんが住む長崎に行ってきたなっちゃん。親戚のヒトたちに会い、美味しいものを食べ、お買い物に行き、のんびりと過ごしてきました。

SEO vol.96 中島みゆき「あした」

昨年から準備してきた、 中島みゆきさんの「夜会」。 いよいよ1ヵ月に渡る公演がスタートします。 20回目を迎える夜会ですが コンサートとは違う形の作品を 20回も発信し続けるには、熱量が必要です。 熱量を込めてやるって

短編小説 LESSISMORE 

Episode 1/ LESSISMORE小説「エトワール・ヨシノ」より はじめに   短編小説 LESSISMORE を公開します。「裸足の金星」のタイトルで書き始め、幾度となく書き直した短編小説です。   去年の春、