SEO’17 vol.04 松田聖子「赤い靴のバレリーナ」

 

瀬尾さんは分岐点に立った時

どっちの道を行くか、いつも決断をして

決断したからには振り返らず進んできたのだそうです。

 

その取捨選択の判断基準は「熱くなれるかどうか」。

 

記録ではなく記憶に残るものを作るには

その熱量が何よりも必要なのかもしれません。