生き証人に


ショッピングモールのほころびが目立ってきている。
まだ真新しい建物なのに、すでに終わりの気配が漂っているのは、
なんとも切ない。

なんでこうなっちゃうんだろうと、いつも考えるけど、
もともと、こういうものは日本には向いてなかったんだと思う。

区画がきちんとわけられていて、
そのなかに商品が整然と並んでいるものに、
日本人は、魅力を感じないんだと思う。

もっと雑多で、混沌としている、
闇市やアジアの市場みたいなものに活気は起こり、
付加価値は生まれるんだと思う。

線引した区画から、一ミリもはみ出さないでくださいね、
マメヒコさん、線の内側だけで、頑張ってくださいね。

みたいな、大家さんが偉いんです、区画販売型ビジネスは、
もう終わりなんだと思う。

だってこんなの、買うヒトのことはそっちのけで、
購買意欲なんてちっとも掻き立てられないから。

ボクが一棟まるごとを借りて、
その中を全部好きにやっていいとなったら、
まず区画を取っ払う。

リアルな空間を回遊することそのものが楽しい、
そういうショッピングを提案しないとダメだと思う。

ゲージの中で、あなたらしくね、と言われても、
羽のない鶏は逃げ出すことも知らない、だ。

定点でのぞくショッピングモールも、相変わらずやばい。
次々とテナントが抜け、かわいそうに、
空き部屋コンテストみたいになってる。

ただひとつ元気なのは、吹き抜けに植えられたシマトネリコ。

手を入れる余裕がないんだろうか、放任され、
かえって年々、たくましくなってる。

ショッピングモールも、
このシマトネリコとともに育ちますように。
そんなシンボルツリーなんだろうが、
今となってはなんとも皮肉だ。

きっとこのシマトネリコだけが、ここの生き証人になる。

不動産価値は五輪後、大幅に下落して、
中堅のショッピングモールは、いまの形ではやれなくなるだろう。

そうなったら、個人の変てこなテナントが入れるようになる。
そうしたら、区画が溶けだし、収集がつかなくなり、
そこでやっと、モールとして面白くなるのかもしれない。

意地になって、家賃も下げず(融資した人たちが下げさせないんだと思う)、
100均とか、全部ドラックストアになったところで、もう限界がある。

十数年の間に、オーナーはいく人か変わり、店子も変わり、
シマトネリコだけが、すべてを知るだろう。

うちも、ショッピングモールへ出店の誘いを受けることがあるけど、
ボードゲームみたいな商売をやってる人たちのところに参加して、
区画をはみ出さなくては人は魅力を感じませんよ、とか言っても、
こいつバカかと思われるだけだから、ほとんどお断りしてる。

ただ、そこで働くヒトや利用するヒトの気持ちを優先すると、
間違ったことは言ってないつもりだけど。

発言力もないのに本質をついたようなことを言うのが、
ボクの男としての浅はかで愚かなところだということまでは、
わかっている。


プッシュ通知を

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください