モチベーションに

今日はゲーテの初日です。
初日の今日、お客が昨日の時点で8人しか集まってないとのことで、
スタッフの日野に切れた。

ボクは頭にくると、すぐ切れる。
昔ほどではなくなったけど、いまでもしょっちゅう切れる。

怒りがこみ上げてくると、
創作意欲はあっという間に霧消してしまうので、
極力怒らないようにしているが、
それでも頭にくるものをなかったことにする性分ではない。

8人しか集まってない中で、それでもやるのか、
中止にするのか、と日野とゲーテ先生と、三人で話し合うことにした。

ボクが昨日切れたのは、
8人しか集まってないことにじゃない。

一人でも集まってくれるお客さんがいる以上、
それはshow must go on。
ショーは開けるべきだと思っている。

熱があろうと、お玉が痛かろうが、親が死のうと、
それはそういうもの、こういう仕事を選んだ宿命だと思って、
店も毎日開けている。

ただ。
開ければそれでいいということではないと怒った。

ボクもヨシヤで出る。
出るヒトがパフォーマンスを発揮する上で、
なにより大事なのはモチベーションだ。

毎日毎日、お店を開ける、なにか新しいことを生み続けるということは、
毎日違うモチベーションを持てることが大切なのだ。
少なくともボクはそういうヒトとしかシゴトをしたくないし、
そういう場所にしか居たくない。

「8人?上等じゃない。
8人なら、8人に向けた、パフォーマンスをやろうよ。
来たお客さんが、贅沢な時間だったね、というのをやろうよ」

そういうモチベーションが無いまま、
ただ、開けましょうというのは、嫌いなのだ。

とボクが怒ってから、
先生もスタッフも、その後、バババババと画策し、
お客さんもそれに付き合ってくれたみたいで、
結局、今日は満席になったみたい。

生み続けるためには、
モチベーションを保てる環境作り、人作りが、
なんてったって一番大事だと思う。

プッシュ通知を

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください