呪文が使えたら

ゲーテも二日目を終えて、やっと、あぁ、こういう作品だったんだなとわかってきた。

脚本を書くときはロジックでは書かずに気持ちで書くので、
まぁ、そうじゃないと、最後まで書ききれないので、
気持ちだけを頼りに、一気に書いてしまう。

そのあと、稽古、演出、上演、というフィルターを通すと、
それぞれそこで得たものが残り、
舞台には得体の知れない煮凝りのようなものが立ち上がる。

それを再び作家の目で、作品としてもう一度見つめ直して、
そもそもこの作品は何だったのか、と仕切り直して、
さらに勢いを増すよう本も書き直し、演出も盛っていく。

そこまでできると、あぁそういうことだったのねと気持ちも楽になり、
一安心できる。

初日まではまだ、なんのコッチャかわからない。
やっと冷静になって、二日目の舞台を終えた今日は、
一安心つけたところである。

ボクはすべてのことはロジックに考えるたちだ。
複雑な感情も、バラバラにすれば、数字で表せると思っている。
世の中は数字でできている。

だから。
ボクは数字で表せないことにとても興味がある。
カフエや演劇をやっているのもそうだし、
そのなかでも数字で表せないことが面白い。

今回の舞台のクライマックス、
カチューシャの「ドンブラコ、ドンブラコ」という台詞がある。
それを言うと、みんながひれ伏せて、拝み出す。
まったくどうでもいいシーンがある。

この「ドンブラコ」はただの呪文で、意味なんかない。
だけど、みんながひれ伏せてしまう。
そしてなぜかみんな拝んでしまう。

意味のない、呪文の力を説明することはできない。
ものごと、事象、現象には原因があり、
その原因を分析して、目的に向けて、改修したりすればいんだと考えている人にとっては、
きっと呪文は馬鹿らしい。

しかし、この世の多くは、呪文に引っ張られて進んでいるのだ。
親の言葉もそう、テレビの言葉、教師の言葉、権威あるものの言葉はみんな、
どこか呪文だ。

ロジックで考えれば、?ということも、
呪文となれば、疑うこともしなくなる。

ボクは、呪文がいけないとか、いいとか、そんなこと思わない。
呪文こそが人間らしさだと思うからだ。

「痛いの痛いの飛んでいけ」、で治ってしまう、
お母さんと男の子は微笑ましい。

ロジックで考えればわかりそうなものを、そうはならないのが世の中なのだ。
ボクも呪文が使えたらなと思うけれど、そうはならないので、
せめて「ドンブラコ・ドンブラコ」と役に言わせてみてるのである。

プッシュ通知を

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください