森のメリーゴーランド

小さい頃から、サーカスの小さな観覧車と、遊園地のメリーゴーランドを見ると、物悲しい気分になってしまいます。どんなに回っても、それはボクらの夢と希望を乗せてどこか遠くに向かってるわけではなく。

ただただ同じところを、ぐるぐるぐるぐる回っている。

夢のように見えても、それはプラスチックでできた馬と馬車は同じところをひたすら繰り返し回ることは、子供の行く末を暗示しているようでもあり、悲しかった。

馬にまたがり、親の前を通過するたび、ピースをしたりする子供たちが、微笑ましいけど悲しい。そんな子供でした。

ほんとはさ。こんなのは嘘っぱちなんだぞ。プラスチックなんだぞ。電気で動いてるんだぞ。
生きている馬はね、もっと躍動感があってね、どこまでも遠くへボクたちを連れてってくれる。
馬の体温はとっても温かいんだ。さぁ、そんなものに乗ってないで出かけようよ。そうだボクが連れてってあげよう。さぁ、みんな連いておいでっ!。

振り返ると、みんなは、メリーゴーランドに何食わぬ顔をしてキャーキャー乗っている。
安っぽい音楽と笑い声、メリーゴーランドの光はボクの頬を照らしている。

女の子が見かねてボクのところに来る。

あのね。いかわくん。
ここは安全なのよ。パパだってママだって喜んでる。このプラスチックの馬や馬車がいんじゃないの。餌も食べないし、糞もしない。嘘だからいいのよ。アイス持って、ピースしとけば、みんな幸せなんだから、それでいいのよ。そんなにイヤなら、キミはさ、どっかで暴れ馬にでも乗って、砂漠でも知らない国にでも行っちゃえば。

かわいい女の子は、予定調和を壊さないでとたちまちボクを否してしまう。
傍らの大人たちはポツンとそれに乗れずにいる、ボクにはちっとも話しかけようとしないんだ。

ごめんなさい、ボクが馬鹿でした。

そうみんなに謝って、メリーゴーランドに乗せてもらえばいいじゃないか。そして一緒にアイスを食べてピースをしよう。

それとも。
鼻の奥の涙を飲んで、一人馬にまたがり、荒野を目指すか。目指したら最後、メリーゴーランドに乗りたかったなんて微塵も思わないことだぞ。

ボクの前で、メリーゴーランドは回り続ける。同じ場所をずっとずっと。夕暮れの森のなかにあるメリーゴーランドが突然あらわれて、ボクはそれを見ている。
そうしたらいろんな妄想を勝手にして、とても悲しくなってしまった。

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
瀬戸内海を遠足しました。

瀬戸内海に来ています。イカハゲ遠足「檸檬の遠足」です。いい歳してますが、遠足は続けています。 マメヒコではただいま、檸檬ケーキが人気沸騰中なんですが、さてその檸檬。実は瀬戸内海に浮かぶ島からせっせと届けられているというこ

SEO vol.94 3B junior「七色のスターダスト」

中島みゆきさんの「夜会」まであと半月。準備が佳境を迎えています。 夜会と併せて、忘れてはならないのが瀬尾さんのコンピレーションアルバムの発売です。 発売記念イベントを何か企画したらいいんじゃないか!?と井川さんは考えてい

イカハゲ深夜便 vol.11

今週の井川さんのはなし ~45分 2019年第1回目は瀬戸内海からお送りします。 尾道から生口島、そして怒和島を歩く「檸檬の島 遠足」に来ています。愛媛県の瀬戸内海側に忽那諸島があり、その西部に位置する小さなみかんの採れ

イカハゲ深夜便 お便り募集

イカハゲ深夜便、今年もスタートします。昨年から始めたラジオ、イカハゲ深夜便、今年も引き続き放送します。 今年最初のラジオのお題は成人式にちなんで、「二十歳のあなたへ」。 いま二十歳を迎えるあなたへのお便り、かつて二十歳だ

SEO vol.93 水谷豊「笑うなよ」

あけましておめでとうございます。 今年も「ラジオ瀬尾さん」始まります! 2019年を迎え、いよいよ…! 中島みゆきさんの「夜会」も 瀬尾さんのコンピレーションアルバム「時代を創った名曲たち 2」の発売も 間近に迫ってきて

SEO vol.92 中島みゆき「樹高千丈 落葉帰根」

    長年、一緒に仕事ができる相手に出会える。それはきっと、とても幸運なことです。 長く共に歩んでいけるヒトとはそうでないヒトとどう違うのでしょうか。 中島みゆきさんを30年以上、すぐ近くで見て来た瀬尾さん。 そんな瀬

N-29 世界を変えられますか?

ゲーテ先生の音楽会のはなしと、今年1年を締めくくるなっちゃんラジオです。 去年の今頃、宝塚受験を諦めたなっちゃん。これでよかったのかと自問自答していましたが、今年2018年は、あっという間だったといいます。 今年は変化の

SEO vol.91 徳永英明「JUSTICE」

お客さんの求めるものとアーティストのやりたいこと。 それが重なることが理想ではありますが、重ならない時に何をどういう形で発表していくか。それはアーティストとして歩むとき、誰もがぶつかる壁であり、アーティストを続ける限り、

イカハゲ深夜便 vol.10

今週の井川さんのはなし ~23分ごろ 今週は今年を振り返ります。 2018。出会いもありました、別れもありました。 オリンピック前の混乱、マメヒコの宇田川町店を閉店したのは初夏。ハタケマメヒコも最後の年となりどうなること

N-28 若い決断ができますか?

大事な試験とゲーテ先生の音楽会で久しぶりのなっちゃんラジオです。 今年、2018年は17歳のなっちゃんにとって、いろいろあった年でした。なにか特別な出来事があったのではなく、外の世界はいろいろだと知ったことでした。 知る