森のメリーゴーランド

小さい頃から、サーカスの小さな観覧車と、遊園地のメリーゴーランドを見ると、物悲しい気分になってしまいます。どんなに回っても、それはボクらの夢と希望を乗せてどこか遠くに向かってるわけではなく。

ただただ同じところを、ぐるぐるぐるぐる回っている。

夢のように見えても、それはプラスチックでできた馬と馬車は同じところをひたすら繰り返し回ることは、子供の行く末を暗示しているようでもあり、悲しかった。

馬にまたがり、親の前を通過するたび、ピースをしたりする子供たちが、微笑ましいけど悲しい。そんな子供でした。

ほんとはさ。こんなのは嘘っぱちなんだぞ。プラスチックなんだぞ。電気で動いてるんだぞ。
生きている馬はね、もっと躍動感があってね、どこまでも遠くへボクたちを連れてってくれる。
馬の体温はとっても温かいんだ。さぁ、そんなものに乗ってないで出かけようよ。そうだボクが連れてってあげよう。さぁ、みんな連いておいでっ!。

振り返ると、みんなは、メリーゴーランドに何食わぬ顔をしてキャーキャー乗っている。
安っぽい音楽と笑い声、メリーゴーランドの光はボクの頬を照らしている。

女の子が見かねてボクのところに来る。

あのね。いかわくん。
ここは安全なのよ。パパだってママだって喜んでる。このプラスチックの馬や馬車がいんじゃないの。餌も食べないし、糞もしない。嘘だからいいのよ。アイス持って、ピースしとけば、みんな幸せなんだから、それでいいのよ。そんなにイヤなら、キミはさ、どっかで暴れ馬にでも乗って、砂漠でも知らない国にでも行っちゃえば。

かわいい女の子は、予定調和を壊さないでとたちまちボクを否してしまう。
傍らの大人たちはポツンとそれに乗れずにいる、ボクにはちっとも話しかけようとしないんだ。

ごめんなさい、ボクが馬鹿でした。

そうみんなに謝って、メリーゴーランドに乗せてもらえばいいじゃないか。そして一緒にアイスを食べてピースをしよう。

それとも。
鼻の奥の涙を飲んで、一人馬にまたがり、荒野を目指すか。目指したら最後、メリーゴーランドに乗りたかったなんて微塵も思わないことだぞ。

ボクの前で、メリーゴーランドは回り続ける。同じ場所をずっとずっと。夕暮れの森のなかにあるメリーゴーランドが突然あらわれて、ボクはそれを見ている。
そうしたらいろんな妄想を勝手にして、とても悲しくなってしまった。

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
アレロパシー、
植物に学ぶバズらせない戦略

イカハゲ塾より〜 除草について ハタケマメヒコをはじめて来年で10年になる。ハタケマメヒコの作業の9割は雑草取りなんだ。育ててる作物の若葉より背丈が大きくならないように、周りの雑草を抜き続けるのがボクラの仕事だ。 とにか

N-46 あきらめていませんか?

ものづくりにおいて、あきらめてはいけないと井川さんは言います。 何か1つでも、ここは絶対に譲れない!という強い思いを持ってハイコンテクストなものを目指して作り続けるべきだ、と。たとえ、他のあらゆることがローコンテクストだ

SEO vol.116 CHAGE and ASKA「安息の日々」

井川さんは、最近、カワイイについて調べていて瀬尾さんはカワイイんじゃないか、と思ったようです。はて、瀬尾さんがカワイイとは…一体どういうことなのでしょう。 はてさて、また今回も、瀬尾さんの手掛けた曲についてはろくに掘り下

ツナサンドでバタフライ

今回の、「食べよ、」。おかげさまで、のべ11回目を開催することができました。一年以上続いているこの会、毎回あるテーマに沿った食べ物について、ボクが独断と偏見で語る会なんですが。 聞き手は、角田陽一郎さん。角田さんがいなけ

ヨシノ新曲「どっちゅことない」

2019年のハタケマメヒコが始まりました。ボクらマメヒコは2009年から北海道でハタケを借りて、「豆」を作っています。 十勝・大樹町で2010年から始めて九年目の夏です。そのあと、千歳に移って、今年は月形町で、ほんのわず

N-45 お芝居を作りたいですか?

マメヒコの音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」に参加した後、なっちゃんを待ち受けていたのは学校の演劇祭の準備です。 クラスごとに1つの作品を作って上演するその学校行事の、なっちゃんはクラスの責任者という重要な役割を担っています。

SEO vol.115 明石家さんま「シングル・ベッド」

たくさんの曲を作曲し続ければ、その中にはあの曲と似た雰囲気だなぁと思うこと、同じフレーズを使ってしまうことはそれを意識しようがしまいが、どうしたってあるものです。 その人「らしさ」とは十人十色。編曲を手掛ける瀬尾さんはそ

SEO vol.114 ふきのとう「やさしさとして想い出として」

この「ラジオ瀬尾さん」をキッカケにふきのとうの存在を知り、ファンになったという方がいるそうでその方から熱いお便りが届きました。 ふきのとうと言えば、1970年代から音楽シーンを彩り、1992年に解散したフォークデュオ。そ

N-44 歌っていますか?

5/31-6/2の3日間、音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」を上演しました。皆さんの暖かい拍手と歌声に包まれた公演の余韻はなかなか消えません。 その本番直前、お稽古真っただ中に収録したお話をお届けします。(上演前に更新が間に合

SEO vol.113 中島みゆき「紅灯の海」

5/26に、石田匠さんのライブにゲスト出演したという瀬尾さん。このラジオをお聞きの方の中にも、そのライブへ足を運んだよという方がいて、早速お便りが届いています。 普段、裏方に徹している瀬尾さんが中島みゆきさんの歌を歌った