ボクはダレ?

今日は朝から、コルクの佐渡島くんが店に来たのでちょっと話した。

彼はちょいちょい、マメヒコに来てくれているみたいで、彼が連れている友人に、

「マメヒコの取り組みはいろいろ面白くてね、それってこの井川さんが全部考えてるんだけど、これだけ面白い井川さんに、小説を書いてほしくてね」と力説してくれた。

その連れのかたは、佐渡島くんがとても力説したので、初対面のボクに対し、そうですか、すごい多才な方なんですね、とニコニコ受け入れてくれてる。

ところがさらに進んで、

「マメヒコの席料って、すごい面白い仕組みですよね」
「ん?あぁ、お豆賃のこと?あれはね、もうとっくにやめたよ」とボク。

「えっ?いつなくなったんですか」
「えって?いつも来てるんでしょ?とっくにやめたよ。気付いてないの?」
「マメピコしか頼まないんで」
「!!!!」

 

てな具合で、佐渡島ですら、ぜんぜんついてきてない。
うちがどんどこ変えすぎているからですかねー。彼は、ちょっと天然なところもあるけど。

まぁね。なにはともあれ、お客さんにボクラ、マメヒコがやってること、やってきたこと、ゲーテなんかでやってること、ましてやその演出意図、企画意図なんかは、ちーーーーーーーっとも伝わってないことは間違いない。

つまり、井川啓央なんて、だーーーーーーーーーれも、なーーーーーーーにも知らないってこと。
では井川啓央ってなんなんだっ!!

「マメヒコのオーナーさんですよね」とたずねられるたびに、戸惑ってしまう。
たとえば競争馬のオーナーを馬主と呼ぶけど、馬主は馬の調教はしない。調教師というのが別にいる。ボクは馬主か調教師なら、間違いなく調教師に近い立場だ。

だから、ワタクシが何者であるかということをはしょって、いきなり「カフエ マメヒコの井川です。あのねー、ボクはさー」なんてやるもんだから、多くの皆さんに、「こいつ誰?」とスルーされてるに違いない。

名前には、無名、匿名、実名がある。

ボクからすれば、お客さんはすべからく無名だ。お客さんからしてもボクは無名だろう。カフエ マメヒコは知っていても、井川なんてだれも知らないだろう。

無名のなかから、時折、あだ名が付くことがある。お客さんの場合でも、(赤いメガネさん)、(まずトイレさん)、(サミエルさん)、(窓際さん)、(斜め帽子さん)・・・。無名から匿名になると親近感が湧く。

さらにその匿名さんが、ひょんなことをきっかけとして実名になる。

「今日たまたま病院に行ったらね、看護婦さんがいて、ずっとこっちを見てるから、だれだろって、こっちもよーく見たら、なんと!!!!
赤いメガネさんだったのー。ウソー、えー、あらーって、互いになって。びっくりしちゃったー。
名前は山口桃子さん。なんとなんと、ワタシと同じ年だったんだよー」

さてさて。ボクはときどきイベントをやる。大抵は、自分の店でやるので、基本的に名乗らなくても構わない。参加するお客さんのほとんどもボクのことを知っているので、いつも、いきなり本題に入っちゃう。

だけど、近頃それでは困ることがある。外でイベントをやるからだ。4/24にやるキャロットタワーのイベントもそうだ。

 カフエ マメヒコ 井川啓央WEB 
カフエ マメヒコ 井川啓央WEB
http://ikawayoshihiro.com/event/%E3%83%9E%E3%83%A1%E3%83%92%E3%82%B3-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%80%80%E7%89%B9%E5%88%A5%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%8C%E3%83%9E/?instance_id=391
それでも、今日を楽しく生きよう

そもそも外でやるのだから、自分のことを知らないヒトに自己紹介しなくてはならない。そしてそもそも、自分のことを世間の殆どが知らないことをもっと自覚しなくてはならない。

「はじめましてワタクシ、マメヒコというカフエをしております、井川と申します。井戸の井に三本川の川でございます。今年で45歳でございます。丑年です。AB型の蠍座です。えーー、そのマメヒコというカフエですがね」という練習をしなくてはならない。

あーーーー。「カフエ マメヒコ井川啓央」で通じない世界は・・・とてもめんどくさい。

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
SEO vol.103 長渕剛「酔待草」

一人の稀有な存在であるスターを見出し、盛り立てていくのか。市場の傾向から売れ筋を分析して、システムに落とし込み、再現性のあるビジネスを作り上げていくのか。 アーティストと一口に言っても、今、その傾向は大きく2分された価値

N-36 子どもの世界を持っていましたか?

子どもの頃を振り返ると…好奇心と遊び心の赴くままに過ごしていたあれこれが浮かんできます。例えば、学校の登下校の時間は挑戦と発見に満ちた時間。毎日が冒険!かのごとく過ごしていたことが思い出されてきました。 歳を重ねるごとに

SEO vol.102 風「星空」

中島さんのように、瀬尾さんや楽器の奏者の方といったたくさんの方が関わって1つの曲を形にして世に出していくというのは、誤解を恐れずわかりやすい言葉を選べば、「昔ながらのやり方」と言えます。 そんなアーティストがいる一方で現

N-35 結婚式をしたいですか?

ラジオをやっていることを、学校の友達には知られたくないと思っていたなっちゃん。ひっそり、ひっそりとやっていたつもりが…ひょんなことから、まわりの友達にバレてしまったそうです。そして…もしも、将来、結婚することになったとし

SEO vol.101 ロブバード「君は今」

1ヵ月に渡る、中島みゆきさんの「夜会」の全公演を終えた瀬尾さん。昨年秋からの数か月に渡る準備とリハーサルの日々、そして、連日続く本番の日々を駆け抜けて張りつめていた糸が切れ、どっと疲れが襲ってきたそう。 それだけ、大きな

N-34 Lala Linlinしてますか?

なっちゃんも出演するマメヒコの音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」。そこから生まれた「Lala Linlin」という歌があります。そして更にそこから派生してこの度生まれたのがイベント出店限定のお菓子屋さん「Lala Linlin

SEO vol.100 中島みゆき「二隻の舟」

アーティストが新しいものを生み出す。その0から1を生み出す苦悩や大変さはその立場に立たなければわからないものです。 でも、想像することはいくらだってできるのです。 瀬尾さんはその、生み出された1を、2にも、3にも膨らまそ

短編小説 檸檬の棘 ver.4 

Episode 2/ 檸檬の棘小説「エトワール・ヨシノ」より はじめに   短編小説 檸檬の棘 ver.4 を公開します。 これはまだ途中です。これをもとにまた書き直していきます。直すことで、自分がなにが書け、なにが書き

N-33 論理的に考えていますか?

「論理的な考え方」と、もう1つは「感情的な考え方」です。 人間は論理的に考えられる頭を持っていながらも、その行動は、必ずしも論理的な考え方に基づいておらず、むしろ、感情を優先して行動してしまう生き物です。 さて、なっちゃ

SEO vol.99 コサカアキコ「あなた re-birth」

このラジオではたびたび話題に上がる、 アーティストとファンの関係性のお話。 アーティストが活動を続けるには ファンの方々の存在は欠かせないものですが、 長い目で見た、アーティストの時間的な成長は 必ずしもすべてのファンの