原罪の小道をみんなで歩いて

 

遠く続く、地平線の、水平線のその向こうの、

知らぬ誰かの涙が、温かい血が、

小さな命が、一粒の角砂糖の中あるということを。

知らずに珈琲を飲んでいる。

 

風に吹かれてできた、藤の花の朽ちた紫の小道の上を。

ボクたちは罪を背負って歩いている。

 

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
SEO vol.103 長渕剛「酔待草」

一人の稀有な存在であるスターを見出し、盛り立てていくのか。市場の傾向から売れ筋を分析して、システムに落とし込み、再現性のあるビジネスを作り上げていくのか。 アーティストと一口に言っても、今、その傾向は大きく2分された価値

N-36 子どもの世界を持っていましたか?

子どもの頃を振り返ると…好奇心と遊び心の赴くままに過ごしていたあれこれが浮かんできます。例えば、学校の登下校の時間は挑戦と発見に満ちた時間。毎日が冒険!かのごとく過ごしていたことが思い出されてきました。 歳を重ねるごとに

SEO vol.102 風「星空」

中島さんのように、瀬尾さんや楽器の奏者の方といったたくさんの方が関わって1つの曲を形にして世に出していくというのは、誤解を恐れずわかりやすい言葉を選べば、「昔ながらのやり方」と言えます。 そんなアーティストがいる一方で現

N-35 結婚式をしたいですか?

ラジオをやっていることを、学校の友達には知られたくないと思っていたなっちゃん。ひっそり、ひっそりとやっていたつもりが…ひょんなことから、まわりの友達にバレてしまったそうです。そして…もしも、将来、結婚することになったとし

SEO vol.101 ロブバード「君は今」

1ヵ月に渡る、中島みゆきさんの「夜会」の全公演を終えた瀬尾さん。昨年秋からの数か月に渡る準備とリハーサルの日々、そして、連日続く本番の日々を駆け抜けて張りつめていた糸が切れ、どっと疲れが襲ってきたそう。 それだけ、大きな

N-34 Lala Linlinしてますか?

なっちゃんも出演するマメヒコの音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」。そこから生まれた「Lala Linlin」という歌があります。そして更にそこから派生してこの度生まれたのがイベント出店限定のお菓子屋さん「Lala Linlin

SEO vol.100 中島みゆき「二隻の舟」

アーティストが新しいものを生み出す。その0から1を生み出す苦悩や大変さはその立場に立たなければわからないものです。 でも、想像することはいくらだってできるのです。 瀬尾さんはその、生み出された1を、2にも、3にも膨らまそ

短編小説 檸檬の棘 ver.4 

Episode 2/ 檸檬の棘小説「エトワール・ヨシノ」より はじめに   短編小説 檸檬の棘 ver.4 を公開します。 これはまだ途中です。これをもとにまた書き直していきます。直すことで、自分がなにが書け、なにが書き

N-33 論理的に考えていますか?

「論理的な考え方」と、もう1つは「感情的な考え方」です。 人間は論理的に考えられる頭を持っていながらも、その行動は、必ずしも論理的な考え方に基づいておらず、むしろ、感情を優先して行動してしまう生き物です。 さて、なっちゃ

SEO vol.99 コサカアキコ「あなた re-birth」

このラジオではたびたび話題に上がる、 アーティストとファンの関係性のお話。 アーティストが活動を続けるには ファンの方々の存在は欠かせないものですが、 長い目で見た、アーティストの時間的な成長は 必ずしもすべてのファンの