原罪の小道をみんなで歩いて

 

遠く続く、地平線の、水平線のその向こうの、

知らぬ誰かの涙が、温かい血が、

小さな命が、一粒の角砂糖の中あるということを。

知らずに珈琲を飲んでいる。

 

風に吹かれてできた、藤の花の朽ちた紫の小道の上を。

ボクたちは罪を背負って歩いている。

 

Leave a Comment