国分寺崖線遠足より【ラジオ】

崖線を歩くたびに思うのは、大きな木には大きな力があるということです。
大きなプラタナス、大きなヒマラヤスギ、大きなケヤキ、大きな赤松。
大きいことはそれだけで力です。
長い年月生きてきたことの証ですものね。
馬鹿にできない。
大きな木を真下から見上げると、大きいことは素晴らしい、
もっと言えば、長生きすることは素敵だと、大きな木を見ると思う。

どこに行くか決まっていない遠足には、そういうことを感じる「暇」があります。

会員登録いただくと、無料でお聴きいただけます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

Leave a Comment