「おてんとさま おつきさま」が終わって

「おてんとさま おつきさま」が終わりました。ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。

さて、今回の「おてんとさま おつきさま」。再再演なんですがね。

再演するにあたって、いまさらおんなじことやっても仕方ないなと思ったの。
一度やった作品をおんなじようにやることなんて、意味ないとボクは思うのね。だからやるならアップデートしたものにしたいと思ったわけ。

といっても表向きのところはそんなに変えらんないしね。でも建物としての印象はおんなじなんだけど、建物の構造ががらりとかわってるものにしたかったわけ。

そもそもこの一人芝居を作ったのは、あのころ宇田川でなんかやれないかな、それも映画に出たトミーでと思ってで、結果として一人芝居になったわけだけど、一人芝居そのものをやりたかったわけじゃないんだよ。

なんとなく勢いでトニー谷の人生を孫の視点で描く『お天道様とお月様』ってタイトが浮かんだのね。それでやったけど、今回またやるにあたって、そもそもなんでこのタイトルを、あのときのボクはつけたんだろうと考えてみたわけ。

それで読み返したらわかったわけよ。あのときのボクがなにをやりたかったか。それは「自分が知っている自分と他人が知っている自分」をやりたかったのよ。

「自分が知っている自分と他人が知っている自分」。

自分が知っている自分はおっちょこちょいだけど、他人が知っている自分はしっかりもの、んーとかね。自分が知っている自分はいろんなことができるはずなんだけど、他人が知っている自分はただの役立たず、とかね。

そういうことに悩んでるヒトっていっぱいいるわけ。でボクなんかがつい、「あなたはこうでしょう」とか言うとね、
「あなたはなんでそう思うんですか。わたしの何を知ってるんですか」って言うやつとかいるのね。べつにおめーのことなんて、なんにも知らねっつーのって思うけど、やっばり「自分が知っている自分と他人が知っている自分」ってことを意識してるヒトって案外いるのね。

それは社会的役割の強いヒトほど、「他人が知っている自分色」が強くなるからそのギャップに苦しんだりもするわね。

これは古今東西、人間が社会を形成したときからそうなんだと思う。
このことをわかりやすく2に分けて人間はこの宿命を慰めたのね。明と暗。陰と陽。白と黒。光と影。善と悪。天国と地獄。そしてお天道様とお月様とかね。

でもボクは小さいときにこう思ったわけ。

じつのところ2つに分かれてるものなんか、なにひとつないんじゃないかと。
2に分けることはわかりやすいストーリーとして、みんな腑に落ちるけど。
それを宗教として利用したり、エンターテーメントの商売として利用したりしてるけど。
それはすべて寓話なんでね。

世の中を見渡せば、100%の黒や100%の白なんかひとつも存在してない。
あえて色分けしたいなら、ただひとつグレーがあるだけなんだと。

そう子供の時思ったわけ。

自然界には存在しない人間の頭が作り出した、100%の黒や100%の白をまともに信じちゃったら、キツイと思うよ。

 

一人芝居に話を戻すと、一人芝居の面白さは、1人のヒトが役を演じ分ける面白さではなくて、1人のヒトが役を演じ分けきれない面白さがあるると思ったわけ。

名人と呼ばれる落語なんかを見ると、噺の中に出てくる登場人物より、間合いを取って呼吸してる落語家のほうがどんな人間なんだろうって気になっちゃうのね。

そりゃ当たり前だよ、同じヒトがやるんだからね。
「自分が知っている自分と他人が知っている自分」を明確に分けて、個性の違う役者をキャスティングしたら、世の中はきれいに2に分かれていると表現することになる。

でも実際は分かれてないとボクは思ってる。

トニー・タニタニが知っている自分、ダルマが知っているおじいちゃま。
ダルマが知っている自分、おじいちゃまが知っている自分。

1人の役者が、この場合トミーが、「自分が知っている自分と他人が知っている自分」を演じ切ろうとすればするほど、演出もそう追い込んでくほど、人間や世界は明確になんか分かれてないってメッセージとしてやれるなと思ったのよ。

脚本は人間のエグいとこばっかり書いてるのに、見終わったあと、何人かのお客さんが、「わたしも頑張ろって感じになりました」って感想がボクやトミーに届いた。

トミーという人間が目と鼻の先で七変化しようとしているのを目の当たりにして、結局白黒分けられるものではない、グレーでいんだってことを、感じたからだとボクは思う。

トミーが役者として巧みに演じ分ければ分けるほど、富山えり子っていう1人のグレーな(生身の生きている)人間がくっきりと浮かび上がっちゃう、それを観客は目の当たりにしてホッとしたっていう実験演劇だったとボクは思ってます。

写真はメキシコで撮ったビーズの絵。

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
N-33 論理的に考えていますか?

「論理的な考え方」と、もう1つは「感情的な考え方」です。 人間は論理的に考えられる頭を持っていながらも、その行動は、必ずしも論理的な考え方に基づいておらず、むしろ、感情を優先して行動してしまう生き物です。 さて、なっちゃ

SEO vol.99 コサカアキコ「あなた re-birth」

このラジオではたびたび話題に上がる、アーティストとファンの関係性のお話。 アーティストが活動を続けるにはファンの方々の存在は欠かせないものですが、長い目で見た、アーティストの時間的な成長は必ずしもすべてのファンの方に受け

N-32 具体的なことしてますか?

なっちゃんは昨年、様々な本を読むようになり、ヒトの話を聴く機会も増え、自分の中に知識、価値観が蓄積されてきたと感じています。 そんななっちゃんに、井川さんはまず具体的なことをやらなきゃいけないよと言います。 例えどんなに

SEO vol.98 斎藤哲夫「グッド・タイム・ミュージック」

1ヵ月に及ぶ中島みゆきさんの夜会も、気づけば中盤に差し掛かっています。 コンサートともお芝居とも違う、他のどこにもない「夜会」という形の公演を滞りなく上演するために公演期間よりもずっと長い時間をかけて準備をしてきた瀬尾さ

N-31 自分に厳しくしてますか?

助けてくれる人が周りにいるということは、一見、良いことのように思えます。 でも…!女子高生のなっちゃんや、なっちゃんの周りの友達、マメヒコで働くスタッフ・・・たくさんの女の子たちの姿を見てきて。長い目で見て、ちやほやされ

イカハゲ深夜便 vol.12

今週の井川さんのはなし ~30分 知りませんでしたがロスジェネ世代、ロスジェネ中年なんだそうです。 ロスジェネとは、「ロスト・ジェネレーション」の略で、失われた世代という意味なんだそうです。 この「ロスジェネ世代」にあて

SEO vol.97 中島みゆき「ヘッドライト・テールライト」

海外でのレコーディングがまだ珍しかった頃から アメリカやイギリスといった海外のミュージシャンと 仕事をしてきた瀬尾さん。 彼らと日本のミュージシャンの違いとは どんなところにあるのでしょうか? アーティストの活躍を下支え

N-30 未来を明るく描けますか?

もう2月ですが、今年最初の更新です。大変長らくお待たせいたしました。 お正月のお休みに、おばあちゃんが住む長崎に行ってきたなっちゃん。親戚のヒトたちに会い、美味しいものを食べ、お買い物に行き、のんびりと過ごしてきました。

SEO vol.96 中島みゆき「あした」

昨年から準備してきた、 中島みゆきさんの「夜会」。 いよいよ1ヵ月に渡る公演がスタートします。 20回目を迎える夜会ですが コンサートとは違う形の作品を 20回も発信し続けるには、熱量が必要です。 熱量を込めてやるって