『希望』にかけるコスト

ボクのことを、宇田川の閉店に合わせて、梅田くんが記事にしてくれました。

 

 

梅田くんが言うには、こういう記事は、バズりにくいんだそうです。
まぁ、そりゃそうでしょう。

ただ。ボクはなんでこういう記事を梅田くんが書いたのかということを考えます。マメヒコと井川さんを、世間に紹介したいという好意はもちろんとして、それだけではないという気がする。

梅田くんか言うには、若いヒトたちの間で、最近『エモい』という言葉があるらしい。エモーショナルが語源で、「これって、感情に訴えるよね」、という感じで使うそうです。

この記事はボクのインタビューに寄せてるけど、梅田くん個人の気持ちも赤裸々に告白しています。そこはとても『エモい』です。

 

 

こういう事があると思う。

「『自分の興味なんか捨てて、バズらせる』、それがプロのライターだぞ」と示すプロライターがいる。そうですよねと履き違えている若者がいる。

そんなとき、ひとりの年長者が、

「いやそれは早合点だよ。たとえ公器な媒体であっても、自分の気持を吐露したっていんだぞ。いや、そういう自分の気持を吐露するようなことがなくては、書くというのはただの苦しみでしかない。苦しいばかりで楽しいがなければ、一介のライターとしてやっていく意味などあっという間に見えなくなってしまうぞ。それはとても危険なことだよ」。

梅田くんは、自分に続く誰かにそう示してる気がボクは勝手にしたんです。

ボクがテレビの仕事をしていた時、そう示してくれる年長者が身近にいたら、ボクはテレビの仕事を辞めていなかったかも知れない。

そんな言葉がなくても孤高に戦っているヒトこそがプロだと言われれば、そうなんでしょうけど、作るということはセンシティブで、生々しいものだと思う。

こんなもんでしょ、と割り切ってしまったら、愛情を失くしてしまったらという言い方でもいいけど、どんなものでも生気を失ってしまう思う。

それは家族関係でもそうだし、恋人関係でもそうだと思う。

年長者がファンタジーでも『希望』を指し示すことはとても大事だと思う。それはだめ、あれはだめと現実を示すばかりで、『希望』を示さなければ、若者は『希望』をどこか他の場所に見出すか、『希望』なんてありゃしないというヒトだけが遺り、やがて自分たちの場所を傷つけるようになることは歴史が証明している。

『希望』を示すのにかかるコストは、自腹で持ち出しになってしまう時代かも知れないけど、そのコストを惜しまなかった梅田くんに、ボクは感謝申し上げたいと思っているのです。

 

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
瀬戸内海を遠足しました。

瀬戸内海に来ています。イカハゲ遠足「檸檬の遠足」です。いい歳してますが、遠足は続けています。 マメヒコではただいま、檸檬ケーキが人気沸騰中なんですが、さてその檸檬。実は瀬戸内海に浮かぶ島からせっせと届けられているというこ

SEO vol.94 3B junior「七色のスターダスト」

中島みゆきさんの「夜会」まであと半月。準備が佳境を迎えています。 夜会と併せて、忘れてはならないのが瀬尾さんのコンピレーションアルバムの発売です。 発売記念イベントを何か企画したらいいんじゃないか!?と井川さんは考えてい

イカハゲ深夜便 vol.11

今週の井川さんのはなし ~45分 2019年第1回目は瀬戸内海からお送りします。 尾道から生口島、そして怒和島を歩く「檸檬の島 遠足」に来ています。愛媛県の瀬戸内海側に忽那諸島があり、その西部に位置する小さなみかんの採れ

イカハゲ深夜便 お便り募集

イカハゲ深夜便、今年もスタートします。昨年から始めたラジオ、イカハゲ深夜便、今年も引き続き放送します。 今年最初のラジオのお題は成人式にちなんで、「二十歳のあなたへ」。 いま二十歳を迎えるあなたへのお便り、かつて二十歳だ

SEO vol.93 水谷豊「笑うなよ」

あけましておめでとうございます。 今年も「ラジオ瀬尾さん」始まります! 2019年を迎え、いよいよ…! 中島みゆきさんの「夜会」も 瀬尾さんのコンピレーションアルバム「時代を創った名曲たち 2」の発売も 間近に迫ってきて

SEO vol.92 中島みゆき「樹高千丈 落葉帰根」

    長年、一緒に仕事ができる相手に出会える。それはきっと、とても幸運なことです。 長く共に歩んでいけるヒトとはそうでないヒトとどう違うのでしょうか。 中島みゆきさんを30年以上、すぐ近くで見て来た瀬尾さん。 そんな瀬

N-29 世界を変えられますか?

ゲーテ先生の音楽会のはなしと、今年1年を締めくくるなっちゃんラジオです。 去年の今頃、宝塚受験を諦めたなっちゃん。これでよかったのかと自問自答していましたが、今年2018年は、あっという間だったといいます。 今年は変化の

SEO vol.91 徳永英明「JUSTICE」

お客さんの求めるものとアーティストのやりたいこと。 それが重なることが理想ではありますが、重ならない時に何をどういう形で発表していくか。それはアーティストとして歩むとき、誰もがぶつかる壁であり、アーティストを続ける限り、

イカハゲ深夜便 vol.10

今週の井川さんのはなし ~23分ごろ 今週は今年を振り返ります。 2018。出会いもありました、別れもありました。 オリンピック前の混乱、マメヒコの宇田川町店を閉店したのは初夏。ハタケマメヒコも最後の年となりどうなること

N-28 若い決断ができますか?

大事な試験とゲーテ先生の音楽会で久しぶりのなっちゃんラジオです。 今年、2018年は17歳のなっちゃんにとって、いろいろあった年でした。なにか特別な出来事があったのではなく、外の世界はいろいろだと知ったことでした。 知る