イカハゲ深夜便

『イカハゲ深夜便』

ラジオクラスでは、毎週月曜の夜23:30から「イカハゲ深夜便」を生放送でお送りしております。

井川さんの魅力を引きだすべく、ワイワイ企画会議を行いつつ、自分が井川さんや仲間たちから学んでいる毎日です。

毎回ブラッシュアップして、成長していく生放送!
ぜひ寝しなのお供に聴いていただきたいです。

そして、ラジオクラスではなくても遠慮は無用!
どしどしお便りください!!

常連さんになるとステキなことが起こるかも⁉︎

▶︎お便りはこちら
▶︎生放送URL
▶︎イカハゲ深夜便 生放送
▶︎ラジオクラス

▶︎梅田くんとの対話 vol.3

 

『ゲーテ先生の音楽会』の銀座公演が近づいています。

マメヒコ宇田川町店で誕生した『ゲーテ診療所』。この夏、お店が11年の営業に幕を下ろし、井川さんは考えました。診療所も同時にやめるのか。やめないのか。

 

 

 

梅田: まあ、普通はやめますね。

井川 :普通はやめるよね。宴会芸なんだから。それはここ(宇田川町店)の空間が成立させてたことだから。外で通用するというものでもないんじゃないかと。

梅田 :そうですよね。

井川 :でも僕は、これは、外で通用するとかっていうことではなくて、一つの余白美だと。

梅田 :余白美。

(中略)

井川:宇田川っていう余白たっぷりのところでやっていたものを外に持ってったら、それは通用しないんじゃないかっていう議論は、全くその通りなんだけど。

梅田:カフェが、そもそもちょっと余白っぽいとこありますからね。だからカフェでやる芸というかお芝居として、(ゲーテ先生は)ぴったりといえばぴったりですよね。

井川:でも僕は、これは、余白っていうものは時代が求めてるんだろうと、解釈したわけ。だからこの余白をどこへ持って行こうが、銀座に持って行こうが、海外はわからないけど少なくとも日本の何処かには、この余白を認めたい、楽しみたいという人たち、一方でこんなものけしからんという気持ち、この両方がないまぜになっている所に、僕らは石を投げているんだろうと。

 

 

 

井川さんが語る「余白」の意味するところとは…。『ゲーテ診療所』を続けることに、どんな思いが込められているのでしょうか?

 

 

番組では、井川さんへのお便りを募集しています。
Facebookグループ、#イカハゲのラジオクラスでは、みんなでラジオ番組を作る準備をしています。

ご興味のある方は、ご参加ください。

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
瀬戸内海を遠足しました。

瀬戸内海に来ています。イカハゲ遠足「檸檬の遠足」です。いい歳してますが、遠足は続けています。 マメヒコではただいま、檸檬ケーキが人気沸騰中なんですが、さてその檸檬。実は瀬戸内海に浮かぶ島からせっせと届けられているというこ

SEO vol.94 3B junior「七色のスターダスト」

中島みゆきさんの「夜会」まであと半月。準備が佳境を迎えています。 夜会と併せて、忘れてはならないのが瀬尾さんのコンピレーションアルバムの発売です。 発売記念イベントを何か企画したらいいんじゃないか!?と井川さんは考えてい

イカハゲ深夜便 vol.11

今週の井川さんのはなし ~45分 2019年第1回目は瀬戸内海からお送りします。 尾道から生口島、そして怒和島を歩く「檸檬の島 遠足」に来ています。愛媛県の瀬戸内海側に忽那諸島があり、その西部に位置する小さなみかんの採れ

イカハゲ深夜便 お便り募集

イカハゲ深夜便、今年もスタートします。昨年から始めたラジオ、イカハゲ深夜便、今年も引き続き放送します。 今年最初のラジオのお題は成人式にちなんで、「二十歳のあなたへ」。 いま二十歳を迎えるあなたへのお便り、かつて二十歳だ

SEO vol.93 水谷豊「笑うなよ」

あけましておめでとうございます。 今年も「ラジオ瀬尾さん」始まります! 2019年を迎え、いよいよ…! 中島みゆきさんの「夜会」も 瀬尾さんのコンピレーションアルバム「時代を創った名曲たち 2」の発売も 間近に迫ってきて

SEO vol.92 中島みゆき「樹高千丈 落葉帰根」

    長年、一緒に仕事ができる相手に出会える。それはきっと、とても幸運なことです。 長く共に歩んでいけるヒトとはそうでないヒトとどう違うのでしょうか。 中島みゆきさんを30年以上、すぐ近くで見て来た瀬尾さん。 そんな瀬

N-29 世界を変えられますか?

ゲーテ先生の音楽会のはなしと、今年1年を締めくくるなっちゃんラジオです。 去年の今頃、宝塚受験を諦めたなっちゃん。これでよかったのかと自問自答していましたが、今年2018年は、あっという間だったといいます。 今年は変化の

SEO vol.91 徳永英明「JUSTICE」

お客さんの求めるものとアーティストのやりたいこと。 それが重なることが理想ではありますが、重ならない時に何をどういう形で発表していくか。それはアーティストとして歩むとき、誰もがぶつかる壁であり、アーティストを続ける限り、

イカハゲ深夜便 vol.10

今週の井川さんのはなし ~23分ごろ 今週は今年を振り返ります。 2018。出会いもありました、別れもありました。 オリンピック前の混乱、マメヒコの宇田川町店を閉店したのは初夏。ハタケマメヒコも最後の年となりどうなること

N-28 若い決断ができますか?

大事な試験とゲーテ先生の音楽会で久しぶりのなっちゃんラジオです。 今年、2018年は17歳のなっちゃんにとって、いろいろあった年でした。なにか特別な出来事があったのではなく、外の世界はいろいろだと知ったことでした。 知る