ふたつの世界をまたぐとき

歩いていたらみつけたヒヨドリ

三軒茶屋から渋谷までの僅かな距離を半日かけて歩きながら思ったことは、ゆっくり歩くということは、とても楽しいということですね。ゆっくり歩くと、なにげない万物に、小さな人生を発見するんです。

公園のハナミズキ

坂道を昇ったり下りたり。細い裏道を通ったり、幹線道路を駆け足で抜けたり。なんのことはない道を、ただ自分の足だけを使って歩くんですよ。ね。何も目的もない散歩ですから、なにかないかしらとキョロキョロしながら歩く。

小さな柿がキャンパスにあって、干し柿は甘くて美味しかった。

普段何気なく生きていれば、そうそう面白いことなんて無いと思うでしょ。それがそうでもないんですよ。住宅地の高低差のあるところに、神社がある。なんてことはない神社です。小さな鳥居を抜けて境内に入ってみると、「ここは、うさぎの神社です」なんて書いてある。

「ふーん、うさぎ?」なんて思って入っていきますとね、うさぎが境内で飼われていたりする。へー、こんなとこにうさぎ飼ってるんだー、それだけでね、ちょっとおもしろくなってるんですけど、本堂をのぞくとびっくり仰天。ビニールのうさぎがどんと祀っているんですね。ビニールの、ピンクの、安っぽいうさぎがね。ご丁寧に、電動じかけで上下に動いたりする。

季節外れの朝顔

どうしてこんなことことをね、誰が思いついたんだろうと思いますね。どうやって買いに行ったんだろう。誰も止めなかったのかしらとかね。人間て面白いなと思います。そういうことを思いついて、行動するヒトがいて、それを苦笑しながらも認めてるヒトがいる。もうね、そういうことが面白いですわね。

公園にあったシェアバイク

猫が日当たりの良い公園で、忍び足で歩いている。これはなにか獲物を狙っているに違いない。もうほんとに、そっとそっと歩いてるんです。見てるこちらまで、その緊張感が伝わりますよ。でね。暇ですから、固唾を呑んで見守りますね。狙ってる獲物は、スズメかしら、トカゲかしら。じっと一点を凝視してる猫の目線の先をボクも探しますけど、なにもないんですね。通りすがりのオートバイがエンジンを止めて、ボクたちと一緒に猫の挙動を見守っている。でもね。なにも捕まえる素振りもないんですね。

静かに猫は公園の隣の空き地に静かに入っていく。なーんだ、何も起きないじゃないか。なーんだ。なーんだ。肩透かしを食らった気でその場を過ぎますと、突然ギャーオと鳴き声がする。どうした、どうした、慌てて引き返してみると、空き地には別な猫がどすんと草薮に座ってるんですね。そしてたがいに睨み合って、鳴き合戦を始めてる。ああ、そうか、公園と空き地の間には、ボクラには見えなかった世界の境界線があったんだなと。そうか、そうかと。大袈裟ですけど、二つの異世界をまたぐときは、忍び足で渡るんだなと。二匹の猫の人生(猫生か?)を垣間見て、うーんとなるんですね。

煮豚、結びこんにゃく、蓮と肉味噌、パセリの卵焼き、ハタケのかぼちゃとじゃがいも

小さいことほどね、一生懸命に見ていると、面白い世界というのはありますよ。目的のない静かな散歩をするとね、自分と知らない世界の境界線を渡っているので、ボクは好きなんです。

 

10/28(日) 三軒茶屋~渋谷 写真遠足より
井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
N-37 物事の裏側を見ていますか?

ヒトや物事には表側として見せている面とその裏側に秘めている面とがあるものです。その「裏側」に触れるためには、愛を持って行動することが必要だと井川さんは言います。 特にヒト、中でも男の人は、自分の中に誇りを秘めて生きている

SEO vol.103 長渕剛「酔待草」

一人の稀有な存在であるスターを見出し、盛り立てていくのか。市場の傾向から売れ筋を分析して、システムに落とし込み、再現性のあるビジネスを作り上げていくのか。 アーティストと一口に言っても、今、その傾向は大きく2分された価値

N-36 子どもの世界を持っていましたか?

子どもの頃を振り返ると…好奇心と遊び心の赴くままに過ごしていたあれこれが浮かんできます。例えば、学校の登下校の時間は挑戦と発見に満ちた時間。毎日が冒険!かのごとく過ごしていたことが思い出されてきました。 歳を重ねるごとに

SEO vol.102 風「星空」

中島さんのように、瀬尾さんや楽器の奏者の方といったたくさんの方が関わって1つの曲を形にして世に出していくというのは、誤解を恐れずわかりやすい言葉を選べば、「昔ながらのやり方」と言えます。 そんなアーティストがいる一方で現

N-35 結婚式をしたいですか?

ラジオをやっていることを、学校の友達には知られたくないと思っていたなっちゃん。ひっそり、ひっそりとやっていたつもりが…ひょんなことから、まわりの友達にバレてしまったそうです。そして…もしも、将来、結婚することになったとし

SEO vol.101 ロブバード「君は今」

1ヵ月に渡る、中島みゆきさんの「夜会」の全公演を終えた瀬尾さん。昨年秋からの数か月に渡る準備とリハーサルの日々、そして、連日続く本番の日々を駆け抜けて張りつめていた糸が切れ、どっと疲れが襲ってきたそう。 それだけ、大きな

N-34 Lala Linlinしてますか?

なっちゃんも出演するマメヒコの音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」。そこから生まれた「Lala Linlin」という歌があります。そして更にそこから派生してこの度生まれたのがイベント出店限定のお菓子屋さん「Lala Linlin

SEO vol.100 中島みゆき「二隻の舟」

アーティストが新しいものを生み出す。その0から1を生み出す苦悩や大変さはその立場に立たなければわからないものです。 でも、想像することはいくらだってできるのです。 瀬尾さんはその、生み出された1を、2にも、3にも膨らまそ

短編小説 檸檬の棘 ver.4 

Episode 2/ 檸檬の棘小説「エトワール・ヨシノ」より はじめに   短編小説 檸檬の棘 ver.4 を公開します。 これはまだ途中です。これをもとにまた書き直していきます。直すことで、自分がなにが書け、なにが書き

N-33 論理的に考えていますか?

「論理的な考え方」と、もう1つは「感情的な考え方」です。 人間は論理的に考えられる頭を持っていながらも、その行動は、必ずしも論理的な考え方に基づいておらず、むしろ、感情を優先して行動してしまう生き物です。 さて、なっちゃ