ふたつの世界をまたぐとき

歩いていたらみつけたヒヨドリ

三軒茶屋から渋谷までの僅かな距離を半日かけて歩きながら思ったことは、ゆっくり歩くということは、とても楽しいということですね。ゆっくり歩くと、なにげない万物に、小さな人生を発見するんです。

公園のハナミズキ

坂道を昇ったり下りたり。細い裏道を通ったり、幹線道路を駆け足で抜けたり。なんのことはない道を、ただ自分の足だけを使って歩くんですよ。ね。何も目的もない散歩ですから、なにかないかしらとキョロキョロしながら歩く。

小さな柿がキャンパスにあって、干し柿は甘くて美味しかった。

普段何気なく生きていれば、そうそう面白いことなんて無いと思うでしょ。それがそうでもないんですよ。住宅地の高低差のあるところに、神社がある。なんてことはない神社です。小さな鳥居を抜けて境内に入ってみると、「ここは、うさぎの神社です」なんて書いてある。

「ふーん、うさぎ?」なんて思って入っていきますとね、うさぎが境内で飼われていたりする。へー、こんなとこにうさぎ飼ってるんだー、それだけでね、ちょっとおもしろくなってるんですけど、本堂をのぞくとびっくり仰天。ビニールのうさぎがどんと祀っているんですね。ビニールの、ピンクの、安っぽいうさぎがね。ご丁寧に、電動じかけで上下に動いたりする。

季節外れの朝顔

どうしてこんなことことをね、誰が思いついたんだろうと思いますね。どうやって買いに行ったんだろう。誰も止めなかったのかしらとかね。人間て面白いなと思います。そういうことを思いついて、行動するヒトがいて、それを苦笑しながらも認めてるヒトがいる。もうね、そういうことが面白いですわね。

公園にあったシェアバイク

猫が日当たりの良い公園で、忍び足で歩いている。これはなにか獲物を狙っているに違いない。もうほんとに、そっとそっと歩いてるんです。見てるこちらまで、その緊張感が伝わりますよ。でね。暇ですから、固唾を呑んで見守りますね。狙ってる獲物は、スズメかしら、トカゲかしら。じっと一点を凝視してる猫の目線の先をボクも探しますけど、なにもないんですね。通りすがりのオートバイがエンジンを止めて、ボクたちと一緒に猫の挙動を見守っている。でもね。なにも捕まえる素振りもないんですね。

静かに猫は公園の隣の空き地に静かに入っていく。なーんだ、何も起きないじゃないか。なーんだ。なーんだ。肩透かしを食らった気でその場を過ぎますと、突然ギャーオと鳴き声がする。どうした、どうした、慌てて引き返してみると、空き地には別な猫がどすんと草薮に座ってるんですね。そしてたがいに睨み合って、鳴き合戦を始めてる。ああ、そうか、公園と空き地の間には、ボクラには見えなかった世界の境界線があったんだなと。そうか、そうかと。大袈裟ですけど、二つの異世界をまたぐときは、忍び足で渡るんだなと。二匹の猫の人生(猫生か?)を垣間見て、うーんとなるんですね。

煮豚、結びこんにゃく、蓮と肉味噌、パセリの卵焼き、ハタケのかぼちゃとじゃがいも

小さいことほどね、一生懸命に見ていると、面白い世界というのはありますよ。目的のない静かな散歩をするとね、自分と知らない世界の境界線を渡っているので、ボクは好きなんです。

 

10/28(日) 三軒茶屋~渋谷 写真遠足より
井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
アレロパシー、
植物に学ぶバズらせない戦略

イカハゲ塾より〜 除草について ハタケマメヒコをはじめて来年で10年になる。ハタケマメヒコの作業の9割は雑草取りなんだ。育ててる作物の若葉より背丈が大きくならないように、周りの雑草を抜き続けるのがボクラの仕事だ。 とにか

N-46 あきらめていませんか?

ものづくりにおいて、あきらめてはいけないと井川さんは言います。 何か1つでも、ここは絶対に譲れない!という強い思いを持ってハイコンテクストなものを目指して作り続けるべきだ、と。たとえ、他のあらゆることがローコンテクストだ

SEO vol.116 CHAGE and ASKA「安息の日々」

井川さんは、最近、カワイイについて調べていて瀬尾さんはカワイイんじゃないか、と思ったようです。はて、瀬尾さんがカワイイとは…一体どういうことなのでしょう。 はてさて、また今回も、瀬尾さんの手掛けた曲についてはろくに掘り下

ツナサンドでバタフライ

今回の、「食べよ、」。おかげさまで、のべ11回目を開催することができました。一年以上続いているこの会、毎回あるテーマに沿った食べ物について、ボクが独断と偏見で語る会なんですが。 聞き手は、角田陽一郎さん。角田さんがいなけ

ヨシノ新曲「どっちゅことない」

2019年のハタケマメヒコが始まりました。ボクらマメヒコは2009年から北海道でハタケを借りて、「豆」を作っています。 十勝・大樹町で2010年から始めて九年目の夏です。そのあと、千歳に移って、今年は月形町で、ほんのわず

N-45 お芝居を作りたいですか?

マメヒコの音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」に参加した後、なっちゃんを待ち受けていたのは学校の演劇祭の準備です。 クラスごとに1つの作品を作って上演するその学校行事の、なっちゃんはクラスの責任者という重要な役割を担っています。

SEO vol.115 明石家さんま「シングル・ベッド」

たくさんの曲を作曲し続ければ、その中にはあの曲と似た雰囲気だなぁと思うこと、同じフレーズを使ってしまうことはそれを意識しようがしまいが、どうしたってあるものです。 その人「らしさ」とは十人十色。編曲を手掛ける瀬尾さんはそ

SEO vol.114 ふきのとう「やさしさとして想い出として」

この「ラジオ瀬尾さん」をキッカケにふきのとうの存在を知り、ファンになったという方がいるそうでその方から熱いお便りが届きました。 ふきのとうと言えば、1970年代から音楽シーンを彩り、1992年に解散したフォークデュオ。そ

N-44 歌っていますか?

5/31-6/2の3日間、音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」を上演しました。皆さんの暖かい拍手と歌声に包まれた公演の余韻はなかなか消えません。 その本番直前、お稽古真っただ中に収録したお話をお届けします。(上演前に更新が間に合

SEO vol.113 中島みゆき「紅灯の海」

5/26に、石田匠さんのライブにゲスト出演したという瀬尾さん。このラジオをお聞きの方の中にも、そのライブへ足を運んだよという方がいて、早速お便りが届いています。 普段、裏方に徹している瀬尾さんが中島みゆきさんの歌を歌った