自分の体を養う、について

概要

食べよ、【小麦とパン食】
 カフエ マメヒコ 井川啓央WEB 
カフエ マメヒコ 井川啓央WEB
http://ikawayoshihiro.com/event/%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%82%88%E3%80%81%E3%80%90%E5%B0%8F%E9%BA%A6%E3%81%A8%E3%83%91%E3%83%B3%E9%A3%9F%E3%80%91/
それでも、今日を楽しく生きよう

日時: 11/16(金) 20:00~22:00

場所: マメヒコ公園通り店

出演: 井川啓央 角田陽一郎

料金: 5,000円
はじめての方、学生 1,500円

こちらのHP、http://ikawayoshihiro.com/で予約して、当日店頭払いを受け付けています。

 

今回の「食べよ、」は戦後の小麦食について考えます。
給食から始まった小麦食が、日本人にどんな影響を与えているかについて、カフエをやっている身から感じることをは、パンを食べ、珈琲を飲みながら(汗)はなします。

食生活に関心のある方、食について学びたい方は、是非どうぞ。

 

改めて「食べよ、」について、ここで一つ。

ボク自身長いこと、カフエを経営してきました。
食をお金に変えるということを通じて、いろいろなことを考えました。人様の口に入るもので儲けをとる商売の難しさについて、いつも悩んでいます。

北海道のハタケマメヒコに通い続け10年。無農薬、有機栽培で、豆やかぼちゃ、を作り続けてきましたが、そこでも自分たちの限界、大きな問題がちらちらと垣間見えます。

とにかく。
食については、いろいろなものを、見てきたし、感じてきたんです。

東京にいれば、どこどこのどれどれが美味しい、といったグルメ情報に溢れています。
粗食や健康食についても、たくさんの情報にあふれている。

スーパーや商店にも毎日行きますし、肉野菜さかな乾物、高級食材から庶民的なものまで、ボクはよくよく知っていると思います。

でも、ボク自身、情報にはあまり興味ありません。
だれだって日々、食べ続けるんですから、食は意識的に実践していくしかないのですから。

たとえばいくら情報を得ても、それが実践できる環境は、自分で整えていくしか無いのです。
使いこんでいない台所で、レシピ本を買い込んでもストレスしか産まれないのです。

みなさん驚かれますが、ボクはできることはすべて手作りします。
味噌も糀から手作りしますし、その大豆も畑で自分で育てたものです。
毎日食べるお米は自分で精米しますし、そこで出たぬかで糠床を作ります。季節になったら、らっきょうを漬け、梅も漬け、白菜も漬けます。
店ではパンもケーキも焼きますし、珈琲も焙煎から関わったものしか飲みません。

自分の食生活は、養うものだとボクは思うのです。
食生活はすべての生の根幹にあるのです。
自分の体は、自分で養っていくしかない、それについて、あまり妥協したくないのです。

こういうことは誰に教わったということではなく、すべて自分に備わっている感性がたよりなのです。感性のあとは独学です。

少しでも実践するつもりがある、実践されている方には、ボクのささやかな知識は惜しみなくお伝えしたいといつも思います。

「食べよ、」もそうですし、いろいろなイベントすべてそうです。

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
アレロパシー、
植物に学ぶバズらせない戦略

イカハゲ塾より〜 除草について ハタケマメヒコをはじめて来年で10年になる。ハタケマメヒコの作業の9割は雑草取りなんだ。育ててる作物の若葉より背丈が大きくならないように、周りの雑草を抜き続けるのがボクラの仕事だ。 とにか

N-46 あきらめていませんか?

ものづくりにおいて、あきらめてはいけないと井川さんは言います。 何か1つでも、ここは絶対に譲れない!という強い思いを持ってハイコンテクストなものを目指して作り続けるべきだ、と。たとえ、他のあらゆることがローコンテクストだ

SEO vol.116 CHAGE and ASKA「安息の日々」

井川さんは、最近、カワイイについて調べていて瀬尾さんはカワイイんじゃないか、と思ったようです。はて、瀬尾さんがカワイイとは…一体どういうことなのでしょう。 はてさて、また今回も、瀬尾さんの手掛けた曲についてはろくに掘り下

ツナサンドでバタフライ

今回の、「食べよ、」。おかげさまで、のべ11回目を開催することができました。一年以上続いているこの会、毎回あるテーマに沿った食べ物について、ボクが独断と偏見で語る会なんですが。 聞き手は、角田陽一郎さん。角田さんがいなけ

ヨシノ新曲「どっちゅことない」

2019年のハタケマメヒコが始まりました。ボクらマメヒコは2009年から北海道でハタケを借りて、「豆」を作っています。 十勝・大樹町で2010年から始めて九年目の夏です。そのあと、千歳に移って、今年は月形町で、ほんのわず

N-45 お芝居を作りたいですか?

マメヒコの音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」に参加した後、なっちゃんを待ち受けていたのは学校の演劇祭の準備です。 クラスごとに1つの作品を作って上演するその学校行事の、なっちゃんはクラスの責任者という重要な役割を担っています。

SEO vol.115 明石家さんま「シングル・ベッド」

たくさんの曲を作曲し続ければ、その中にはあの曲と似た雰囲気だなぁと思うこと、同じフレーズを使ってしまうことはそれを意識しようがしまいが、どうしたってあるものです。 その人「らしさ」とは十人十色。編曲を手掛ける瀬尾さんはそ

SEO vol.114 ふきのとう「やさしさとして想い出として」

この「ラジオ瀬尾さん」をキッカケにふきのとうの存在を知り、ファンになったという方がいるそうでその方から熱いお便りが届きました。 ふきのとうと言えば、1970年代から音楽シーンを彩り、1992年に解散したフォークデュオ。そ

N-44 歌っていますか?

5/31-6/2の3日間、音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」を上演しました。皆さんの暖かい拍手と歌声に包まれた公演の余韻はなかなか消えません。 その本番直前、お稽古真っただ中に収録したお話をお届けします。(上演前に更新が間に合

SEO vol.113 中島みゆき「紅灯の海」

5/26に、石田匠さんのライブにゲスト出演したという瀬尾さん。このラジオをお聞きの方の中にも、そのライブへ足を運んだよという方がいて、早速お便りが届いています。 普段、裏方に徹している瀬尾さんが中島みゆきさんの歌を歌った