瀬戸内海を遠足しました。

瀬戸内海に来ています。イカハゲ遠足「檸檬の遠足」です。
いい歳してますが、遠足は続けています。

マメヒコではただいま、檸檬ケーキが人気沸騰中なんですが、さてその檸檬。実は瀬戸内海に浮かぶ島からせっせと届けられているということをご存じない方が多いのは残念です。

折角、産地にこだわって瀬戸内海から取り寄せているんですから、どうせなら多くの方々に産地の現状を知ってもらいたいものです。

そこでイカハゲメンバーから参加者を募り、檸檬島およびその周辺を巡る遠足を行うこととなりました。こちらはそのレポートとなります。

ひとまず尾道を歩きます。

出発は尾道からです。尾道は瀬戸内海に面した坂の町として知られていますね。大林宣彦監督の映画「尾道三部作」でお馴染み、と言いたいところですが、若いヒトたちには「男と女の体が入れ替わる映画」はもはや「転校生」ではなく、「君の名は」でしょうから、 「尾道三部作」と言ってもチンプンカンプンでしょう。

尾道の目の前を流れる細い海峡はまるで小川のようです。尾道水道というそうです。


初めて訪れるヒトは 、向こうの陸地が島だとは気付かないでしょうね。ここから四国まで、大小様々な島が、数珠つなぎになり、その上を高速道路が突っ切っります。

それが言わずとしれた「しまなみ海道」です。

国分寺の崖線遠足でおなじみ地形アプリで見た尾道。高低差100mはテンションが上ります。

尾道三山から現在の本通りまでが陸地で、あとは埋立地だったようです。イカハゲ遠足でおなじみの地形地図で尾道を見ると、市街地は埋め立て地であることがわかります。

東から瑠璃山(浄土寺山)、愛宕山(西國寺)、大宝山(千光寺山)の各山が海に迫り、狭い帯状の土地に山の尾根伝いに一筋の道があったことから、「尾道」と呼ばれるようになったとパンフレットに書いてありました。

尾道は急斜面に奇石が多い地形ゆえに、たくさんの修験寺が建立されたのが発端だそうです。

とまぁ、講釈はこの程度にして、ひとまず千光寺山ロープウェイで山頂に向かいましょう。

あいにくの小雨です。霞がかった山頂に向けて、ロープウェーは出発します。

尾道の街を歩いてみると、新旧の文化が混在しているカオスなところが尾道の魅力だとわかります。 世代交代が緩やかに行われているんですね。

古い建物をリノベしている、おしゃれなアートスポットを見つけました。レトロなロープウェー乗り場の脇にスタイリッシュな看板が出ています。

新しくできたアートスポットのようです。

こちらを連想してしまいますね。

千光寺ロープウェーです。

ロープウェーは三分たらずで到着です。

寺院の瓦屋根、菩提樹であるクスノキの枝葉ギリギリをロープウェーは通過します。

メリー・ポピンズの空飛ぶ高揚感に似たようなものが味わえます。

山頂につきました。お寺は奇妙な岩に囲まれています。すごい岩ばかりです。

驚いたことに、山間には住宅が立ち並び、狭い路地で繋がれているのです。みなさんユニークな生活をされているようで、ボクは奇妙な石よりそちらが垣間見れるほうが楽しいです。

こちらのお宅は、山の上なのに小型ボートが置いてあります。どういうシチュエーションでこの小型ボートを使うのか気になります。

春には藤の花が、さぞきれいだと思われる公園です。白い砂と紫の花のコントラストは目にも鮮やかですね。

ただし、たまに見物客が野良犬に追いかけられることもあるようです。藤の花を見上げていると、足をガブッとやられるのでしょうか。・・・怖いです。

尾道は古い木造家屋が多く、火事には気をつけましょう、とマンホールが喚起してくれています。右上の青い部分はヘノヘノモヘジみたいですが、瀬戸内海に浮かぶ「しまなみ海道」を模しているようです。ちょっと、わかりにくい。

石垣と石畳の路地は趣を感じます。それにしても立派な石垣ですね。それだけ隣の家と高低差があるということでしょう。車の通らない小道は、どこか温かい気持ちになります。

雨が降っていたので、滑りやすかった。

尾道は猫の街だと聞いていたので期待していたのですが、見当たりませんね。
あっ、よーく見ると一匹います。まぎれてわかりにくいですね。

猫が尾道の景色に溶け込んでいるので、気づかないだけかもしれません。

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
SEO vol.99 コサカアキコ「あなた re-birth」

このラジオではたびたび話題に上がる、アーティストとファンの関係性のお話。 アーティストが活動を続けるにはファンの方々の存在は欠かせないものですが、長い目で見た、アーティストの時間的な成長は必ずしもすべてのファンの方に受け

N-32 具体的なことしてますか?

なっちゃんは昨年、様々な本を読むようになり、ヒトの話を聴く機会も増え、自分の中に知識、価値観が蓄積されてきたと感じています。 そんななっちゃんに、井川さんはまず具体的なことをやらなきゃいけないよと言います。 例えどんなに

SEO vol.98 斎藤哲夫「グッド・タイム・ミュージック」

1ヵ月に及ぶ中島みゆきさんの夜会も、気づけば中盤に差し掛かっています。 コンサートともお芝居とも違う、他のどこにもない「夜会」という形の公演を滞りなく上演するために公演期間よりもずっと長い時間をかけて準備をしてきた瀬尾さ

N-31 自分に厳しくしてますか?

助けてくれる人が周りにいるということは、一見、良いことのように思えます。 でも…!女子高生のなっちゃんや、なっちゃんの周りの友達、マメヒコで働くスタッフ・・・たくさんの女の子たちの姿を見てきて。長い目で見て、ちやほやされ

イカハゲ深夜便 vol.12

今週の井川さんのはなし ~30分 知りませんでしたがロスジェネ世代、ロスジェネ中年なんだそうです。 ロスジェネとは、「ロスト・ジェネレーション」の略で、失われた世代という意味なんだそうです。 この「ロスジェネ世代」にあて

SEO vol.97 中島みゆき「ヘッドライト・テールライト」

海外でのレコーディングがまだ珍しかった頃から アメリカやイギリスといった海外のミュージシャンと 仕事をしてきた瀬尾さん。 彼らと日本のミュージシャンの違いとは どんなところにあるのでしょうか? アーティストの活躍を下支え

N-30 未来を明るく描けますか?

もう2月ですが、今年最初の更新です。大変長らくお待たせいたしました。 お正月のお休みに、おばあちゃんが住む長崎に行ってきたなっちゃん。親戚のヒトたちに会い、美味しいものを食べ、お買い物に行き、のんびりと過ごしてきました。

SEO vol.96 中島みゆき「あした」

昨年から準備してきた、 中島みゆきさんの「夜会」。 いよいよ1ヵ月に渡る公演がスタートします。 20回目を迎える夜会ですが コンサートとは違う形の作品を 20回も発信し続けるには、熱量が必要です。 熱量を込めてやるって

短編小説 LESSISMORE 

Episode 1/ LESSISMORE小説「エトワール・ヨシノ」より はじめに   短編小説 LESSISMORE を公開します。「裸足の金星」のタイトルで書き始め、幾度となく書き直した短編小説です。   去年の春、