編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.95 石川優子「春でも夏でもない季節」

技術の進歩によって、
音楽を作って発信することは
誰でも気軽にできるようになってきた昨今。

ビジネスとして音楽を発信する業界の中では
市場を分析、解析して、流行を掴み
「売れる音楽」を狙って作る、というのが
1つの潮流としてできてきています。

でも。
そんな時代の流れの中であっても。

良いもの、時間を経ても残っていくものを生み出すには
売れるかどうか、ということではなく
まず、燃えるようなパッションが必要だと、
瀬尾さんは強く感じています。

瀬尾さんは、絶えないパッションに突き動かされてきて、
だからこそこの仕事を続けてこられたんだと
そのお話を聞くほどに感じさせられます。