短編小説 LESSISMORE 

Episode 1/ LESSISMORE
小説「エトワール・ヨシノ」より

はじめに

 

短編小説 LESSISMORE を公開します。
「裸足の金星」のタイトルで書き始め、幾度となく書き直した短編小説です。

 

去年の春、ラジオでご一緒している角田さんを通じ、コルクの佐渡島さんから小説を書きませんかと声をかけられました。
数年前にも一度、声をかけてもらったことがあり、今回は二度目のことです。

ボクは小説を好んで読みませんので、小説を書きたい気持ちは正直ありませんでした。それなら、映画やテレビドラマを撮りたいと思っていました。

でもせっかく声をかけていただいたので、「いいね、やろう」と返事をしたのが去年の春です。

どうせ書くなら、良い小説を書きたいと心底思いました。
というのも。
普段は、制約の中で映画を作り、お店を経営したりしています。小説は一人で書くものですから、一人で完成できるものを誰の言い訳もせず、やり通してみたかったんです。

書き始めるとパッとアイデアが思い付きました。初稿なら一日もあれば書けるとわかりました。

モーツァルトはパッと書いたものが稀代の傑作ばかりだったそうです。
ボクもそうありたかったのですが、天才ではないことがわかりました。でも良いものを書く約束ですから直すほかありません。

書き直すのは苦痛です。至らなさを目の当たりしていい気分のヒトはいないでしょう。
何度も視点を変え、登場人物や文体も変えながら初めて書き終えたのが、短編小説「LESSISMORE」です。

書き直す苦痛があるものの自分で納得できる良い小説が書けたのは、ここ何やイカハゲを通じて励ましてくれた皆さんのおかげです。
励ましがなければ、書くことはできませんでした。

エトワール・ヨシノのメイクをし、青いタイツを履くとき、「普通のヒトとは違う道を歩いているな」としみじみ思います。

 

わざと寄り道し小石やタンポポをみつけ、それをみんなに教えてあげたい。
ボクはそういう少年でした。子供のころの経験が、マメヒコをやったり、小説を書いたりするのに役に立っています。

ボクにとってはお金儲けなんかどっちだっていんですよ。自分で選んだ道を自分で歩きたいんです。
みなさんも誰に何と言われようと、ご自分の道をご自分の足で歩いてくださいね、鼻歌とともに。

 

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
N-33 論理的に考えていますか?

「論理的な考え方」と、もう1つは「感情的な考え方」です。 人間は論理的に考えられる頭を持っていながらも、その行動は、必ずしも論理的な考え方に基づいておらず、むしろ、感情を優先して行動してしまう生き物です。 さて、なっちゃ

SEO vol.99 コサカアキコ「あなた re-birth」

このラジオではたびたび話題に上がる、アーティストとファンの関係性のお話。 アーティストが活動を続けるにはファンの方々の存在は欠かせないものですが、長い目で見た、アーティストの時間的な成長は必ずしもすべてのファンの方に受け

N-32 具体的なことしてますか?

なっちゃんは昨年、様々な本を読むようになり、ヒトの話を聴く機会も増え、自分の中に知識、価値観が蓄積されてきたと感じています。 そんななっちゃんに、井川さんはまず具体的なことをやらなきゃいけないよと言います。 例えどんなに

SEO vol.98 斎藤哲夫「グッド・タイム・ミュージック」

1ヵ月に及ぶ中島みゆきさんの夜会も、気づけば中盤に差し掛かっています。 コンサートともお芝居とも違う、他のどこにもない「夜会」という形の公演を滞りなく上演するために公演期間よりもずっと長い時間をかけて準備をしてきた瀬尾さ

N-31 自分に厳しくしてますか?

助けてくれる人が周りにいるということは、一見、良いことのように思えます。 でも…!女子高生のなっちゃんや、なっちゃんの周りの友達、マメヒコで働くスタッフ・・・たくさんの女の子たちの姿を見てきて。長い目で見て、ちやほやされ

イカハゲ深夜便 vol.12

今週の井川さんのはなし ~30分 知りませんでしたがロスジェネ世代、ロスジェネ中年なんだそうです。 ロスジェネとは、「ロスト・ジェネレーション」の略で、失われた世代という意味なんだそうです。 この「ロスジェネ世代」にあて

SEO vol.97 中島みゆき「ヘッドライト・テールライト」

海外でのレコーディングがまだ珍しかった頃から アメリカやイギリスといった海外のミュージシャンと 仕事をしてきた瀬尾さん。 彼らと日本のミュージシャンの違いとは どんなところにあるのでしょうか? アーティストの活躍を下支え

N-30 未来を明るく描けますか?

もう2月ですが、今年最初の更新です。大変長らくお待たせいたしました。 お正月のお休みに、おばあちゃんが住む長崎に行ってきたなっちゃん。親戚のヒトたちに会い、美味しいものを食べ、お買い物に行き、のんびりと過ごしてきました。

SEO vol.96 中島みゆき「あした」

昨年から準備してきた、 中島みゆきさんの「夜会」。 いよいよ1ヵ月に渡る公演がスタートします。 20回目を迎える夜会ですが コンサートとは違う形の作品を 20回も発信し続けるには、熱量が必要です。 熱量を込めてやるって