都内の高校に通う高校二年生のなっちゃんと、井川さんが、日々のことを話すラジオです。毎回テーマがあるわけではありませんが、春に始まったこのラジオ、静かに人気です。毎週お便りが届きますが、そのなかからひとつ二人の関係を知るお便りをご紹介します。

高校生のなつきさんの抱えている悩みについて。
なつきさんは小学六年生の頃から宝塚を目指していたが受験に失敗したことで自信をなくし、
それから今に至るまであらゆることに対して挑戦する勇気を持てずにいる。

宝塚を目指していた頃は、負けず嫌いで後先考えずにまず行動する性格で、
「やればできる」「絶対合格する」と必死に頑張っていた。
しかし今は「もっと考えて行動すればよかった」と反省し、
「好きなことだからといって向いているとは限らない」と考えるようになった。

今回のラジオでは、挫折を経験した一人の若者のリアルな感情がとてもよく伝わってきた。

やる気をなくしているかっこ悪い自分を、
ラジオで見せることになって恥ずかしがっているなつきさんに対して、
僕は「羨ましいな」と思った。

なつきさんには、かっこ悪い自分をかっこ悪いと言ってくれる井川さんという大人がいる。
そして彼女は井川さんを信頼しているからこそ、
駄目な自分を、恥ずかしがりながらも見せている。

そこにはあるべき人間の関係性というものがあり、僕は羨ましくなった。

挫折を経験して、動けなくなってしまっている若者たちに、
このラジオを聴いてほしいと思った。

N-34 Lala Linlinしてますか?

なっちゃんも出演するマメヒコの音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」。そこから生まれた「Lala Linlin」という歌があります。そして更にそこから派生してこの度生まれたのがイベント出店限定のお菓子屋さん「Lala Linlin and Bake Shop」です。

先週末にそのお菓子屋さんが初めての出店を終えたわけですが…まだまだ「Lala Linlin」の名前も曲も世の中には浸透していません。

どうやったら、みなさんにLala Linlinを知っていただけるのか?どうやったら、みなさんにLala Linlinの歌をお届けできるのか?井川さんとなっちゃんの構想は膨らみ続けます。

 

なっちゃんの1枚

今週、私はテスト勉強ウィークです。とにかく勉強、勉強、勉強です…。
最近、春めいてきたのは嬉しいのですが、花粉が飛びはじめて、鼻も頭もむずむずしている今日この頃です。
先日、文房具屋さんにいった時に鉛筆がずらーっと並べられていて、ふと小学生の頃は、鉛筆を小指くらい短くなるまで使ってたなーと懐かしく思いました。
今ではすっかりシャーペンしか使わなくなりましたが「ものを大切にする」こころは忘れずに、今日も勉強をしようと思います(笑)。