編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.109 赤い鳥「旅」

昔のヒトはハレとケという考え方を持ち、
精神面や季節の変化に基づいた、節目の在り方、過ごし方をしていました。

しかし、その、日々に変化を持つ生き方は、一部の概念だけが残り、
肝心の本質というものはいつの日か薄れ、失われつつあるように感じます。

例えば、祝日やお祭り。
その日をその日付に決めた意味や由来があったはずなのに、
土日やその前後にその日を変更されてしまったものは
数知れずあります。

そうした変化は何を生んでいるかというと
多様性の欠落なんじゃないか、と瀬尾さんは言います。

昔はみな、自分はこうしたい!という意思をそれぞれに持っていたし、
周りがどうであれ、その意思を貫いていたものなのに…

一見自由度が高く、選択肢がたくさんできた現代では、
それがゆえに選択肢に惑わされるばかり。
それが自分の意思かどうかではなく、波風立てずに周りに同調することが大事だと
潜在的に思っているヒトが多くなっているようなのです。

平成から令和へと、時代が文字通り変わろうとしている日に、
時代と共に失われたものについて考えてみました。