編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.110 和田アキ子「バ・カ・ダ・ネ」

瀬尾さんが届けたい音楽はファストフード的なものではありません。
例えそれが録音されたものであったとしても
さながらライブのような、勢いがあり、熱のこもったものを
届けたいとそう思っているのです。

今の編集の技術をもってすれば、
元の音源をいかようにだって修正できますが…
手を加えれば加えるほどに、
そこにあったはずの熱や勢いは薄れていくことを
瀬尾さんは知っています。

完璧を目指すな。
周りの雑音に惑わされるな。

それは長年、発信手の側に立ち続けてきた瀬尾さんから
現代を生きる私たちへの生きる上での忠告かのようにも聞こえます。