編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.111 中島みゆき「人生の素人」

テレビドラマにまつわる音楽の世界でも、
世知辛い風が吹いているようです。

予算との兼ね合いで、一人で何役もこなせる人物に
一人で創造させる状況というのが増えていて、
マルチに動ける、こなせることこそが重宝されるんだと
思ってしまいがちですが・・・

そんなことを続ければ、どんなヒトだっていずれ
持てるものを出し尽くし、新しいものを生み出すことができなくなり
出涸らしのように、カラカラになってしまう時が来るのだそう。
そうして新しいものを生み出せなくなれば
はい次、と使い捨てられてしまうだけ、という
なんとも悲しい結末が待っているのです。

一人でクリエイティブな仕事を続けるというのはとても難しく、
誰かと二人三脚だったり、チームで進めるということが
長く続けるための1つのコツであることを
長年仕事を続けてきた瀬尾さんは身に沁みてわかっています。

目先だけでなく長い目で見て続けていけるか、という視点を
忘れずに持ち続けることの大切さを感じます。