日々是はてな?

マメヒコを始めたとき。2005年ですから、いまから14年ほど前のこと。

当時、はやっていたカフェは、「オレの部屋に飯食いに来ない?」、みたいな空気感があり苦手でした。毛糸の帽子にちょろヒゲのあんちゃんが、カウンターの中で焼きうどんを炒めてる。

お客はコロナを飲みながら、ソファで焼きうどんを食べる。

ファミレスがダサいと感じる時代感で、退廃的な感じのファミレスが求められていたのかも知れません。深夜まで食事を出し、アルコールも珈琲も扱うことで客単価を上げる。

ビジネスとしてはうまくいきそうなものですが、どうしてか、最近そういうお店は減りました。

当時のボクは、そういうカフェが嫌いでした。食事したあとのテーブルは、脂っぽくギトついていたし、なんか不潔だなと思っていたんです。

ひょんなことからカフェを始めることになって、ボクはどんなカフェをやりたいかなと思ったとき、図書館がやりたいと思いました。

どんなのがやりたいかなと一考したとき、ニューヨークの市立図書館が浮かびました。あぁいうカフェがやれたらなと。ボクは海外旅行に行くと図書館とスーパーには必ず行くんですが、それらを見れば、その国が大事にしているものがよくわかるんです。

マメヒコの店内を長テーブルにしたのも、ソファーを置かなかったのも、焼きうどんを用意しなかったのも、お酒を置かなかったのも、木の椅子にしたのも、図書館的な空気を演出するためにそうしたのでした。

おととし作った胡桃堂喫茶店も基本的にはそういうパブリックな感じにしています。

開店してから10年が経ち。震災や渋谷の再開発を経験しました。マメヒコも例外なくそれらに翻弄され、ボクもふたつの店を閉店させました。(パブリックだかなんだかしらねーけどよぉ、売れなきゃ店は続けらんねーよ)、という自分ツッコミもずいぶんしました。

街が変わるのは不可抗力ですから。売上が下がるのはボクラのせいじゃないと思ってました。抗えない力の前で反省するほど馬鹿馬鹿しいことはありません。値段を下げて集客しようとか、そんなことしても疲れるだけです。

それで、よし、店内でお芝居をやったり、音楽会をやったり、映画を撮ったり、そういう???と一見無駄に思えることをやって、それでたくさんの出会いをしよう。

出会いを通じて、お店を続けていく道を模索しよう、そういう選択をしたんです。

パブリックなお店にしたいという当初の思いと、自分が旗振り役になってイベントを打ち出すカフェというのは、相反した思想にも思えますから、ジレンマがあるんです。

数年前からマメヒコとイベントは距離を取るようにして、イカハゲという秘密倶楽部主宰で活動するようにしました。

そこでボクは小説を書いたり、女装リサイタルをやったりしてるわけです。

イカハゲは、積極的にオープンな活動をしているつもりですが、その場のノリでプロジェクトが決まることが多いので、いつやっているのか、どこでやっているのかを告知できず、また趣旨、意義、目的がそもそも曖昧なので、はてな?倶楽部と勘違いされてしまうのです。

あしたから北海道で、ハタケマメヒコ’19が始まります。

北海道で無農薬で豆を栽培するハタケマメヒコを始めて10年になります。いまではここで採れた黒豆、小豆、かぼちゃを自分たちで使うことが成立しています。

カッコウが鳴いたので豆を蒔くのです。今年は千歳から離れて、月形町でお豆やかぼちゃを作ります。秋になり、収穫された黒大豆や小豆、かぼちゃは、マメヒコのデザートの食材になります。けれど、それを栽培したり、支えてくれているのは、マメヒコのスタッフではないんですね。なんだかよくわからない秘密倶楽部?イカハゲのメンバーなのです。

そして来週末は、「ゲーテ先生の音楽会 先生、ニューヨークで歌う」があります。

こちらも、もともとマメヒコの宇田川町店でやっていた、年末の宴会芸みたいなものですが、 今回は銀座のライブハウスで開催します。これも主体はイカハゲのメンバーです。

 

日々是はてな?です。

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
アレロパシー、
植物に学ぶバズらせない戦略

イカハゲ塾より〜 除草について ハタケマメヒコをはじめて来年で10年になる。ハタケマメヒコの作業の9割は雑草取りなんだ。育ててる作物の若葉より背丈が大きくならないように、周りの雑草を抜き続けるのがボクラの仕事だ。 とにか

N-46 あきらめていませんか?

ものづくりにおいて、あきらめてはいけないと井川さんは言います。 何か1つでも、ここは絶対に譲れない!という強い思いを持ってハイコンテクストなものを目指して作り続けるべきだ、と。たとえ、他のあらゆることがローコンテクストだ

SEO vol.116 CHAGE and ASKA「安息の日々」

井川さんは、最近、カワイイについて調べていて瀬尾さんはカワイイんじゃないか、と思ったようです。はて、瀬尾さんがカワイイとは…一体どういうことなのでしょう。 はてさて、また今回も、瀬尾さんの手掛けた曲についてはろくに掘り下

ツナサンドでバタフライ

今回の、「食べよ、」。おかげさまで、のべ11回目を開催することができました。一年以上続いているこの会、毎回あるテーマに沿った食べ物について、ボクが独断と偏見で語る会なんですが。 聞き手は、角田陽一郎さん。角田さんがいなけ

ヨシノ新曲「どっちゅことない」

2019年のハタケマメヒコが始まりました。ボクらマメヒコは2009年から北海道でハタケを借りて、「豆」を作っています。 十勝・大樹町で2010年から始めて九年目の夏です。そのあと、千歳に移って、今年は月形町で、ほんのわず

N-45 お芝居を作りたいですか?

マメヒコの音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」に参加した後、なっちゃんを待ち受けていたのは学校の演劇祭の準備です。 クラスごとに1つの作品を作って上演するその学校行事の、なっちゃんはクラスの責任者という重要な役割を担っています。

SEO vol.115 明石家さんま「シングル・ベッド」

たくさんの曲を作曲し続ければ、その中にはあの曲と似た雰囲気だなぁと思うこと、同じフレーズを使ってしまうことはそれを意識しようがしまいが、どうしたってあるものです。 その人「らしさ」とは十人十色。編曲を手掛ける瀬尾さんはそ

SEO vol.114 ふきのとう「やさしさとして想い出として」

この「ラジオ瀬尾さん」をキッカケにふきのとうの存在を知り、ファンになったという方がいるそうでその方から熱いお便りが届きました。 ふきのとうと言えば、1970年代から音楽シーンを彩り、1992年に解散したフォークデュオ。そ

N-44 歌っていますか?

5/31-6/2の3日間、音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」を上演しました。皆さんの暖かい拍手と歌声に包まれた公演の余韻はなかなか消えません。 その本番直前、お稽古真っただ中に収録したお話をお届けします。(上演前に更新が間に合

SEO vol.113 中島みゆき「紅灯の海」

5/26に、石田匠さんのライブにゲスト出演したという瀬尾さん。このラジオをお聞きの方の中にも、そのライブへ足を運んだよという方がいて、早速お便りが届いています。 普段、裏方に徹している瀬尾さんが中島みゆきさんの歌を歌った