「ゲーテ先生〜」の脚本の書き方

今夜のイカハゲは、「ゲーテ先生の音楽会」の脚本を解説します。「脚本」をそもそも読んだこと無い方に、できるだけわかりやすく脚本の書き方を解説します。

まずモチーフを決める

「ゲーテ先生の音楽会」は馴染みのある音楽を、違った切り口で解説する、音楽の授業のような側面があります。

毎回扱う題材をなににするか、直感とひたすら下調べです。こんなのはどうだろう。たとえば日本の民謡とシャンソンはおんなじルーツではないか?というモチーフがあるとします。それを裏付ける根拠をひたすら探すのです。音楽を聞いたり、本を読んだり。WEBの動画も関係あるものはひたすら見る。その中から、これはいけるかも、という根拠が見つかればいいですけど、見つからなければモチーフからやり直します。

出演者を決める

脚本にとってモチーフはとても大切ですけど、それよりなにより、誰に出てもらうか?がもっとも大切な要素です。出るヒトによって、作品の色が変わるからです。ではその大事な出演者はどう決めるか?一にも二にも、予定が空けられるヒトです。

本番はもとより、稽古の予定も空けられなければどうにもなりません。本番は別として、稽古は空いてないという場合も多い。それでも「無理です」というヒトと、なんとか「空けようとしてくれるヒト」じゃ、後者を選びます。

出演者と脚本、どちらを優先するか

脚本を先に書いてふさわしいヒトをキャスティングする。そういう順番だと思うでしょう?たしかに脚本がないとキャスティングできませんが、書いた脚本にふさわしいヒトをキャスティングするのはまったく現実的ではありません。そんな選べる立場にいないのです。とにかく空いてるヒトでキャスティングを決めてしまう。そして一度決めたらあとは一蓮托生です。その人達とどう作っていくかが大事なのです。

たとえばキャスティングしてから本読みさせてみたところ、どうにも芝居が下手くそで厳しい。そういうヒトを選んでしまったらどうするか?何度も稽古して、できるようにさせる?あーーー、そんなの無駄です。無駄。

勘所がないヒトに時間をかけたところで、できるわけないのです。選んだ自分を恨むしかない。選ばれた方に罪はないのです。なんとか出番を減らしたり、別の役に変えたり、どんどんと脚本を書き換えましょう。それは脚本を書いた身からすれば手間ですよ。大いに手間です。けれど「ゲーテ先生の音楽会」を創るというのはそういうことです。

テーマを決める

さて、なんとかキャスティングが決まり、稽古を進めていく中で、つまりこの脚本は何が言いたいのか、というテーマが大事になってきます。登場人物は人間なのですから、欲求があり、そこに障害があり挫折、そして達成がある。それらを抱えながら話を進めていくのです。

お昼ご飯を食べようとしていたところに、宅配便が来て、受け取ってみると時限爆弾だった。それでもお昼ご飯を食べようとする。刻一刻と爆発の時間は迫る。なんてお話にも、なぜそんなにまでしてお昼ご飯を食べたいのか?が描けてないと途中でつまんなくなっちゃう。

脚本のテーマはもっとも大切ですが、それを妨げるような事情がいっぱい出てくる。そのなかでも、粘ってテーマに向かい合う胆力が必要なんです。

詳しくは今夜

今夜5/28(火)の19:30から、渋谷のマメヒコ公園通り店で今週末のゲーテ先生の音楽会「先生、ニューヨークで歌う」の解説をします。

実際いま稽古してる脚本を読みながら、書き方を解説します。今日はまだ火曜日ですから、金曜の本番までに脚本はまだまだ変わるはずです。本番当日を迎えてもガラガラ変わるんですから当たり前ですね。

小説とは似て非なる「ゲーテ先生の音楽会」の脚本執筆の裏側を聞きに来てください。直接その時間にお店に来てくださればいいです。参加費などはありません。

 

井川啓央
井川啓央
Theme
アーカイブ
アレロパシー、
植物に学ぶバズらせない戦略

イカハゲ塾より〜 除草について ハタケマメヒコをはじめて来年で10年になる。ハタケマメヒコの作業の9割は雑草取りなんだ。育ててる作物の若葉より背丈が大きくならないように、周りの雑草を抜き続けるのがボクラの仕事だ。 とにか

N-46 あきらめていませんか?

ものづくりにおいて、あきらめてはいけないと井川さんは言います。 何か1つでも、ここは絶対に譲れない!という強い思いを持ってハイコンテクストなものを目指して作り続けるべきだ、と。たとえ、他のあらゆることがローコンテクストだ

SEO vol.116 CHAGE and ASKA「安息の日々」

井川さんは、最近、カワイイについて調べていて瀬尾さんはカワイイんじゃないか、と思ったようです。はて、瀬尾さんがカワイイとは…一体どういうことなのでしょう。 はてさて、また今回も、瀬尾さんの手掛けた曲についてはろくに掘り下

ツナサンドでバタフライ

今回の、「食べよ、」。おかげさまで、のべ11回目を開催することができました。一年以上続いているこの会、毎回あるテーマに沿った食べ物について、ボクが独断と偏見で語る会なんですが。 聞き手は、角田陽一郎さん。角田さんがいなけ

ヨシノ新曲「どっちゅことない」

2019年のハタケマメヒコが始まりました。ボクらマメヒコは2009年から北海道でハタケを借りて、「豆」を作っています。 十勝・大樹町で2010年から始めて九年目の夏です。そのあと、千歳に移って、今年は月形町で、ほんのわず

N-45 お芝居を作りたいですか?

マメヒコの音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」に参加した後、なっちゃんを待ち受けていたのは学校の演劇祭の準備です。 クラスごとに1つの作品を作って上演するその学校行事の、なっちゃんはクラスの責任者という重要な役割を担っています。

SEO vol.115 明石家さんま「シングル・ベッド」

たくさんの曲を作曲し続ければ、その中にはあの曲と似た雰囲気だなぁと思うこと、同じフレーズを使ってしまうことはそれを意識しようがしまいが、どうしたってあるものです。 その人「らしさ」とは十人十色。編曲を手掛ける瀬尾さんはそ

SEO vol.114 ふきのとう「やさしさとして想い出として」

この「ラジオ瀬尾さん」をキッカケにふきのとうの存在を知り、ファンになったという方がいるそうでその方から熱いお便りが届きました。 ふきのとうと言えば、1970年代から音楽シーンを彩り、1992年に解散したフォークデュオ。そ

N-44 歌っていますか?

5/31-6/2の3日間、音楽劇「ゲーテ先生の音楽会」を上演しました。皆さんの暖かい拍手と歌声に包まれた公演の余韻はなかなか消えません。 その本番直前、お稽古真っただ中に収録したお話をお届けします。(上演前に更新が間に合

SEO vol.113 中島みゆき「紅灯の海」

5/26に、石田匠さんのライブにゲスト出演したという瀬尾さん。このラジオをお聞きの方の中にも、そのライブへ足を運んだよという方がいて、早速お便りが届いています。 普段、裏方に徹している瀬尾さんが中島みゆきさんの歌を歌った