編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.115 明石家さんま「シングル・ベッド」

たくさんの曲を作曲し続ければ、
その中にはあの曲と似た雰囲気だなぁと思うこと、
同じフレーズを使ってしまうことは
それを意識しようがしまいが、どうしたってあるものです。

その人「らしさ」とは十人十色。
編曲を手掛ける瀬尾さんは
その「らしさ」をイメージしてアレンジしていくので
たとえ元が同じ曲だったとしても
歌うアーティストが違えば描く描写は変わり、
その編曲によって完成した楽曲はがらりと変わるものなのだそうです。

アーティスト、特に若いアーティストにとって大切なのは
周りのヒトに惑わされることなく
自分が自分らしくあり続けること、かもしれません。