編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.119 柴田淳「ちいさなぼくへ」

見渡してみると、ヒトの損得が気になって、
ヒトの粗探しばっかりして騒いでいるような人が
とても多くなっているように感じます。

みんなが一緒じゃないわけで、
それぞれの身の丈に合った生き方を模索して実践すればいいだけなのにと
瀬尾さんは言います。

衣食足りて、むしろ、足りる以上に過剰に溢れていて、
満ち足りてしまったことが
「自分が何が好きか、何がしたいかがわからない」
「分かったとしても、それを実践していいとは思えない」
という、鬱々とした空気を生み出しているのかもしれません。

好きだからやっている。明日もやることがある。
そういうことが希望を持って生きていく活力になるということを
瀬尾さんも井川さんも日々の中で感じています。
でも、その感覚は生きていく上で案外大事なことなのに
多くの人に見落とされてしまっているようです。