編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.123 ナウ「ヘイ!」

瀬尾さんがまだ東京に来る前の、大学生だった頃に
後輩たちのために作詞作曲した歌、ナウの「ヘイ!」。
CDなんてまだなかった時代の貴重なレコードからの音源と
その曲を超名曲だと断言するレビュー記事を見つけました。

瀬尾さんですら存在を忘れていたような何十年も前の曲を見つけ出し、
良いと言ってくれるヒトがいる。
そのことは瀬尾さんにとって
恥ずかしくて照れ臭くて穴があったら入りたいような気持である反面、
やっぱり嬉しいもので、音楽家冥利に尽きることのようです。

きっとまだまだどこかに、瀬尾さんが手掛けた超名曲が
眠っているかもしれません。
「ラジオ瀬尾さん」では、こんな曲もあるよ!という
皆さんからのクチコミ情報もお待ちしています!!