編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.124 中島みゆき「たかが愛」

長年、一緒に仕事をしてきた瀬尾さんと中島みゆきさんは、
勝手知ったる間柄ということもあり、
デモテープも短時間でサクサク作ってしまうんだそうです。

ところで、デモテープって何なのでしょう。
「デモテープ」という言葉を耳にすることはあっても、
曲を製作するどの段階で誰が作って、
どんな役割を果たしているかはよく知らなかったりします。
もちろん、ミュージシャンによってもデモテープの扱いは異なるのでしょうが、
瀬尾さんと中島みゆきさんとの間における製作過程のお話は、
「そんなふうに曲作りをしてるのね!」と大変興味深いものでした。

それでも、デモテープは完成形ではなく、曲作りの序盤。
より良い作品にするために、レコーディングしてみた印象によって
どんどん手を加えていくものなのだそうです。
場合によっては、収録したパートのうち、歌しか採用されず、
楽器の演奏をまるっと差し変えるケースもあったりするそうで。
歌が生きなければ、どれだけ素晴らしい演奏であっても採用しない。
これぞプロの仕事!…カンタンにできるものではなさそうです。

そんな話を聞いて、井川さんは
「中島みゆきが歌ってさえいれば、
どんな曲でも中島みゆきっぽくなるわけではない」
ということに気づいたようです。

瀬尾さんは、自分はあくまでもバックアップする仕事をしているのだと
ことあるごとにこのラジオの中でも言っていますが
その人らしさを表し、曲の魅力を最大限に引き出す
プロデュースやアレンジのチカラは大きいものです。
二人三脚だからこそ、数々の名曲が生まれるのですね。

完成した作品から、そこに辿り着く過程を想像してみると、
これまでと違った魅力に気づけるかもしれません。