編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.126 シモンズ「ひとつぶの涙」(2回目)

今回はラジオ瀬尾さん始まって以来2度目のゲストをお迎えしました!
「和ちゃん」こと杉本和世さん!
中島みゆきさんのファンにはお馴染みの、みゆきさんのバックコーラスを長年務めていらっしゃる方です。

コーラスにはパートがあり、複数人のグループで担当することも多いそうで、息継ぎの箇所や、ブレスの長さなど、ただ声を出すだけではないところに細かな技術が求められるのだそうです。
楽曲を何気なく聞いていると気づかないことばかりですが、この「ラジオ瀬尾さん」だからこそ垣間見える、制作の裏側のお話は。みなさんも、改めてコーラスの歌声を意識して聴いてみてはいかがでしょうか…?

そして…仕事仲間と一緒に出演する瀬尾さんはどこかよそ行きで、そんな姿を見てすかさず井川さんは突っ込みを入れます。いつにも増してワイワイと笑いの絶えない回となりました。

さて!会話の中にも出ていますが、瀬尾さんや杉本さんがご出演するライブ「MEMORY SONGS 70’s 80’s」のチケットが発売中です。10月12日、目黒のブルースアレイにて。ラジオ以外で瀬尾さんのお話を、そしてそしてもしかしたら瀬尾さんの歌声までも聞ける貴重な機会です!詳しくはこちらをご覧ください。