編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.127 吉田拓郎&中島みゆき「永遠の嘘をついてくれ」

みなさんは、普段、音楽をどうやって聴いていますか?スマホとヘッドフォンで移動中に?自宅のパソコンで何かしながら?ご自宅にオーディオ専用のスピーカーがあるのでしょうか?

音楽は音が空気を振動させて伝わり、鼓膜に届くことで「聴く」ことができますが、それは音楽を「感じる」とはまた別の話。情報としての音楽はヘッドフォンで聴けば事足りるのかもしれませんが、瀬尾さんはスピーカーからしか感じられない音楽もあると言います。

もちろん、高級なヘッドフォンで聴けば広い音域の音が再現されるといったことはありますが、耳だけで聴く音楽とライブで体感する音楽とでは、同じ曲でもまったく違った印象となるでしょう。そういう、体感する音楽を作り、届けたいと瀬尾さんは日々思っているのです。

そして瀬尾さんはコスパや合理性を重視する昨今の音楽業界にも疑問を呈しています。アーティストの育成はせず、即戦力重視で先行投資を行わないことが増えている昨今。これは、音楽業界に限らず、どの企業、どの仕事でも同じ傾向にあると言えそうです。人を育てるにはお金も時間もかかりますが、それだけの余裕がないというのが今の日本の経済的、心理的状況なのかもしれません。さらに、コンプライアンスだのハラスメントだのと自主規制を強めれば、志を持った人がより生きにくい世の中になってしまうように思えます。

長年、瀬尾さんが活躍してきた日本の音楽業界は、これからどうなってゆくのでしょうか。才能溢れるアーティストと、多くの人に愛される作品を生み出し、ビジネスとしても成功させる。それは言葉で言うほどカンタンなことではないはずですが、せめて志のある若いアーティストが希望を失わず、歩める道を残していってほしいものです。