月形・函館遠足(1日目)

9月14・15・16日の3連休で、月形・函館遠足に行きました。月形はハタケマメヒコがある場所で、今年は千歳から場所を移して豆やカボチャを栽培しています。

1日目。まずは月形のハタケから遠足がスタートです。今回もマメヒコのお客さんであるイカハゲメンバーが参加しました。

ハタケのある月形町のコテージガーデン
種まきの時期は不安もありましたがこんなに生い茂ってます
豆もちゃんと育っています

6月のハタケ遠足では、5月に蒔いた豆の発育状態が悪く、今年はどうなることやらと不安が募りました。しかし、その後、夏にかけて順調に大きくなった豆やカボチャたち。今回はいよいよかぼちゃの収穫です。

カボチャを1つ1つ手作業で刈り取ります
ハウスに運んで土を落としてから仕分けします
収穫したばかりのカボチャは水分たっぷりなのです
最年少参加者もお手伝い!?(ホントは遊んでます)

豆の収穫はもう少し先になります。貝豆のサヤは、青いものと茶色く乾燥したものが混在。カラッカラに乾燥させてから収穫です。

貝豆のサヤは徐々に茶色く乾燥していきます
中を開けるときれいな豆が並んでいます
小豆の収穫も楽しみです
ぷっくりとした豆がパンパンに詰まっています
根元を切り落としてサヤを乾燥させます

一通りカボチャの収穫が終わると、コテージガーデンで栽培された野菜を使って、井川さんが夕食を作ってくれました。採れたて野菜でいただく美味しい料理の数々、遠足のお楽しみです。

セロリやピーマン、白いナスも今夜の食材
赤紫蘇ならぬ赤バジルを発見!
収穫した野菜は井川さんの手で丁寧に調理されます
鮮やかな緑が食欲をそそります
クロカン用に栽培していますがこの時期の枝豆は絶品!
鶏肉とジャガイモを白ワインで炒めてキノコと蒸し煮にしたもの
セロリとインゲン豆のポタージュは初体験の味わい
月形のトマトはほんとにおいしい
プルーンの赤ワイン煮をアイスクリームと

1日目はこれにて終了。
収穫したカボチャは風乾させると水分が飛び、甘みが増すそうです。もう少ししたら、マメヒコのカンボジアプリンとして提供されますのでお楽しみに。
ハタケ遠足は10月にも開催されますので、こちらも参加者募集中です。

Theme
アーカイブ