編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.128 立木リサ&今野雄二「気分を出してもう一度」

いつものことながら、瀬尾さんの最新のお仕事が気になって仕方がない井川さん。現在進行形のお仕事の話を聞こうとしますが、情報解禁日を待たなければ公開できないことが多いのです。かといって公開される頃には瀬尾さんの熱が冷めてしまっていたり、記憶が薄れてしまっているので、なんとももどかしいものです。

さて、今回届いたお便りでは、瀬尾さんの手がけたアウトロの長い曲が、弓道の「残心」に重なるというお話がありました。
残心とは、弓道で矢を放ったあともその姿勢を保つことを言うそうで、命中したかどうかには直接関係しません。それと同じで、すでに歌が終わったあとのアウトロは、その楽曲そのものに大きな影響を与えることはないのかもしれません。
でも、本編だけで「ハイ、おしまい」ではなく、最後の1秒までその世界観を大切にする所作は美しいものです。その仕事の丁寧さに触れると、曲の終わるその瞬間まで、しっかり聴き届けようという気持ちになります。

今回の楽曲「気分を出してもう一度」では、コーラスに瀬尾さんも参加。40年ほど前の楽曲ですが、ポップな曲調とキャッチーなフレーズには、今の時代でも新しさを感じます。