カンボジアプリンはじめました

マメヒコの秋の風物詩、カンボジアプリンがいよいよはじまりました。焼き林檎とともに、大人気のメニューです。今年はチーズクリームをトッピングしています。「カンボジア」がなんのこっちゃ、という人はメニューの説明をチェックしてみてくださいね。

2019年バージョンは三角!雲みたいなクリームをトッピング

ちなみに・・・カンボジアプリンに限らず、お待ちの間にはメニューを隅々まで読むことをオススメします。これもまたマメヒコの一部であり、井川さんの作品とも言えるでしょう。しかも、季節のメニューが入れ替わるごとに書き変わったりするので、しばらく足を運ばないと名文(迷文?)を見逃してしまうのです。

いつぞやのメニューの一部

カンボジアプリンに話を戻しましょう。
井川さんは「これ以上のプリンがあるなら教えてほしい。絶対にない。プリンから作ってるんじゃないからね。畑から作ってるんだからね。」と言います。そう、カンボジアプリンのカボチャは、毎年、北海道のハタケマメヒコで栽培しているのです。そして、ハタケマメヒコの豆や野菜は、ただおいしいだけではなく、ずっと無農薬で作り続けています。

収穫後に風乾、追熟させることで甘みが増します

ハタケ遠足の様子はこちらのレポートをご覧ください。今年もマメヒコのお客さんたちと一緒に収穫しました。

月形・函館遠足(1日目)

9月14・15・16日の3連休で、月形・函館遠足に行きました。月形はハタケマメヒコがある場所で、今年は千歳から場所を移して豆やカボチャを栽培しています。 1日目。まずは月形のハタケから遠足がスタートです。今回もマメヒコの

Read More »

北海道から東京に届いたカボチャは、お店で蒸してペーストにします。これに他の材料を加えると、プリンのアパレイユとなります。カボチャの味を活かし、材料の配合を調整しながら、その年のカンボジアプリンが完成です。

こちらは2018年バージョンのカンボジアプリン。ハロウィンにちなんだオリジナルの旗が立ってましたね。プリンの形も、クリームも今年のものと違います。

2018年のカンボジアプリン

カンボジアプリンは、収穫したカボチャがなくなり次第の終了となります。みんながたくさん食べたら、あっという間に終わってしまうかもしれませんね。食べ損ねて後悔しないように、ぜひお早めにどうぞ。

渋谷と三軒茶屋にあるCafe Mamehicoカフエ マメヒコのホームページ。

Archive
カテゴリー
Youtube

IKA-HICOメンバーになるには月額1,500円かかります。「Youtube IKA-HICOチャンネル」に定期的に投稿していただきます。

ABOUT HER

エトワール★ヨシノ