編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.129 島田奈美「ブルードットの恋」

最近の瀬尾さん、ちょっとお酒を飲みすぎちゃうみたいです。どうか、ほどほどに。

さて、今回は松任谷正隆との対談の話や、吉田拓郎さんとのお仕事の話に。長年、音楽業界の第一線で活躍を続けている者同士、積もる話もあるようです。メル友だという吉田拓郎さんとは、ケンカもしたし、若い頃は一時期絶縁状態だったこともあるそうですが、そんなことを笑って話せるなんて、とっても素敵な関係です。

そして、今回お届けする曲は島田奈美さんの「ブルードットの恋」。1986年のリリースだそうで、いわゆる当時のアイドルソングです。

瀬尾さんは数々のアイドルの楽曲も手がけていますが、傾向としては教室の隅でポツンといるようなタイプのアイドルであることが多いそうです。決して目立つタイプではなく、陰と陽で言えば陰の存在。どこか寂しげな、儚げな印象の曲が多いのはそのせいかもしれません。

しかし、このようなアイドルは今の時代は存在しないと瀬尾さんは言います。どちらかといえば「私を見て!」という人こそがアイドルを目指し、グループのセンターを競い、インスタ映えを狙い、最前線で活躍していくのです。「私なんて」と言うような人は、そもそもアイドルにはならないし、なれないのでしょう。なかなか先行き不透明な時代だからこそ、逆にキラキラしたアイドルがもてはやされるのかもしれません。

そういえば、今回のこの曲の歌詞には「定期の中に挟んでた写真をやぶったの〜」なんてフレーズが出てくるのですが、きっと今の学生さんからすると、「定期の中に挟む???どうやって???」って感じなのでしょうか?今みたいにICカードがなかった時代は、定期券は紙だったので、パスケースに入れて持ち歩いたものです。今だと、好きな人の写真はスマホの中。破るなんてしなくても、削除ボタン1つでサヨナラですね。歌詞の中からも時代の変化を感じずにはいられません。