編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.130 中島みゆき「やばい恋」

失恋ソングというと、しんみりした曲調だったり、未練をじっとり歌い上げる演歌のような曲を思い浮かべますが、今週ご紹介する中島みゆきさんの「やばい恋」はその点ちょっと違います。
歌詞の雰囲気に反して、ギターやドラムは力強く、エッジが効いているのです。
そして歌声はささやくようなウィスパーヴォイス。
この対比が印象的です。

瀬尾さんがこのようなアレンジにしたのは、ただメソメソと男性への想いを引きずる女性ではなく、「もっといいオトコを見つけてやるわ!」と新しい恋に向けて燃える前向きな女性の姿を表現したいという想いからなのだそうです。

そして、デモテープの段階ではこのような歌い方ではなかったそうですが…瀬尾さんの、この意外なアレンジを受けて、中島さんはあえてこのような歌い方を選びました。

パワフルな曲調で女性の前向きさを表すのであれば、それに合わせて力強い歌い方をするのが自然かもしれません。
しかし、感情を抑えたようなささやき声で歌うことで、逆に女性のメラメラとした強い気持ちが浮き立つようです。

心の中に潜む感情を、歌い方だけではなく、曲のアレンジで表現するという手法は、ちょっと複雑で、ストレートな表現ではありません。
そのため、1つの曲が複数の意味を持ち、すべて理解するには受け手に高い読解力が求められます。

井川さんは、「最近は分かりやすいものしか売れない」と言います。
瀬尾さんも「若い世代に支持される曲は、ただ『好き』『好き』と連呼しているだけのものが多い」と嘆きます。
分かりやすいものだけを受け入れていては、1つの側面でしか作品を捉えられなくなってしまいがちです。
その軽さでは時代のスピードとともにすぐ流れ去ってしまうでしょう。
複雑な表現を受け止めることができれば、何重にも包まれた表現の奥深さを感じながら、何度も噛みしめ、新たな魅力を発見し、長く作品を愛することができるのではないでしょうか。