編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.131 原田真二「てぃーんずぶるーす」

人生100年時代と言われ、瀬尾さんのように70代でも現役でバリバリ働く方は珍しくありませんが、中には既得権益にあぐらをかいでいる人も見かけます。そんな人たちは、肩書きだけは立派だけど、何かにチャレンジするような仕事はしていないのかもしれません。

チャレンジしないといえば、若い世代にも同じようなことが言えます。今の時代、お金がないといったって、スマホがあれば時間は潰せるし、ファストフードやファストファッションで事足りてしまうという人も多いはずです。衣食足りて満足してしまえば、何かが欠乏したり、何かを渇望することがなくなります。それはつまり、あえて努力しなくなったり、熱量が生じなくなるということなのかもしれません。

さらに井川さんは、今の時代は「失敗するチャンスが少ない」と言います。何かにチャレンジするということは、失敗のリスクも併せ持っているということです。それなのに世の中どこも失敗を許さない風潮があります。そして、失敗したカッコ悪い自分をさらけ出すことに抵抗があってそもそも本気で挑まない人が多いのです。そんなヒトたちに対して瀬尾さんは、「誰もあなたのことなんて、そんなに気にして見てないよ」と伝えます。

「オレ、まだ本気出してねーし」というヒト、そろそろ本気の努力、してみませんか?