編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.132 森山良子「バス通り裏」

中島みゆきさんの全国ツアーが2020年の年明けから始まりますが、全国を回るのはこれが最後になるそうです。
ファンにとっては寂しいことかもしれませんが、アーティスト側の立場に立てば、また別の想いを感じ取ることができます。

瀬尾さん曰く、全国ツアーを回るアーティストの負荷は、相当なものだそうです。短期間に長距離移動とホテル住まいを繰り返すことは、誰であっても疲れます。しかも名前や顔が知られた有名人であれば、外に出るだけで好奇の目にさらされ、ただ歩いていても、食事をしているだけでも、こっそり写真を撮られたり、SNSでその様子を発信されてしまうことだってあります。
一歩でも外に出れば、その瞬間からアーティストとしての顔で過ごさなければならないのです。
そういった身体的、精神的にもハードな全国ツアーを、年齢を重ねていくほどに、しんどく感じてしまうのも無理はないでしょう。
もちろん全国を回りたくないわけではないのだと思います。でも、それよりもアーティストとして、中途半端なものを見せたくないという想いが強いのでしょう。
これは、最高の歌を届けるために選んだ、自らの決断なのです。

本当のところはご本人にしか分かりませんが、長年お近くで仕事をしてきた瀬尾さんは少なくともそう感じているようです。

そして、瀬尾さんのお仕事にだって同じようなことが言えます。
若いころはアレンジャーとしてとにかく数多くの楽曲を手掛けていた瀬尾さん。このままでは、アレンジャーとして消費されてしまうだけかもしれないと、40代になる頃、仕事のやり方を大きく方向転換しました。
プロデューサーとしてしかアーティストの楽曲に関わらないと決めたのです。1人1人のアーティストとじっくり向き合い、長く愛される楽曲制作に携わる。そんなスタイルを選んだからこそ、息切れせずに長くこの仕事を続けていられるようです。

「もっとやってよ、まだできるよ」というファンや周りからの期待があったとしても、どこで線引きするかを決めるのは結局のところ自分しかいないのです。