編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.134 中島みゆき「離郷の歌」

瀬尾さんのやっている編曲のお仕事というのは…曲のアレンジの構想を練るのにじっくりと時間をかけるのだそうです。そして方向性が決まればあとは手を動かし譜面に起こすだけ。そうなれば楽器が目の前になくても、頭の中で各パートの音が鳴り、それが重なって曲の完成形が頭の中に描けるのです。さらには歌い手の歌声の響き、そしてその表情までも想像しながら楽曲作りをしているのだそうです。
瀬尾さんは「だってプロだから」「何十年もやってるから」と言いますが、そんなことができるなんて本当にすごい!実際にその曲作りの現場を見てみたいと言う井川さんは「黙って見てるだけだから」と粘りますが、瀬尾さんは頑なに拒み続けます。創作の現場はさながら鶴の機織り。人に見られればどうしても意識してしまうし、本来のチカラを発揮できなくなる、とてもデリケートなものなのです。

そして、瀬尾さんは、ときには曲のアレンジの一部を他の人に任せることもあるのだそうです。というのも、何年もこの仕事をしていると、過去に手掛けた作品で同じ拍子、同じような曲調の楽曲があるかもしれず、無意識のうちに過去作品と似通ってしまうことがあるかもしれないのです。それを避けるため、あえて違う感性、違う発想の人のアイディアを取り入れる。そういう意味で他の人に任せる部分を作っているのだそうです。
最初は「全部やるのは面倒だから」と軽く受け流していた瀬尾さんですが、掘り下げて伺えばちゃんとした理由があるもの。そんなお話が聞けるのも、「ラジオ瀬尾さん」ならでは、です