編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.135 円藤一成「バイクとルージュ」

瀬尾さんがアレンジを手掛ける場合、作曲者からは歌のメロディだけをもらって、あとのアレンジは瀬尾さんにお任せ…となっていないと仕事を引き受けないそうです。このやり方は少し前までは瀬尾さんに限らず、曲作りにおいて主流の方法だったようですが今の時代は、やり方が変わってきているそうです。すでにアレンジ済みかのように作り込まれたデモテープを渡されて、そこからのアレンジを依頼されることが増えており、それでは手を入れる余地が少なく、どうアレンジすればいいのか戸惑うこともあるようです。

一方で井川さんは最近、自分で作詞・作曲した楽曲のアレンジを依頼する機会があり、なかなかイメージが伝わらないことのもどかしさを感じた様子。このラジオを通じて、歌詞とメロディから想像を膨らませてアレンジしていくという、瀬尾さんのアレンジ方法を何度も聞いてきた井川さん、「どんなふうにアレンジしましょうか?」と具体的な指示を求められても、どうオーダーすればいいかがわからないのです。それよりも、ちゃんと歌詞を読んでもらえば、曲の世界観は十分に伝わるはず、なのです。本来のアレンジの仕事は、その人の読解力と想像力で、曲の世界を膨らませ、より多くの人に魅力的に伝えるものなのだと思うのです。

「映画やお芝居を観ているとか、そういう経験値によって、頭に絵が浮かぶかどうかが違うのでは?」と瀬尾さんは言います。音楽の仕事をするのに、音楽だけを聴いて学ぶのではなく、さまざまな創作物に接することもクリエイティビティを高めるには重要なのかもしれません。

これって、音楽のお仕事以外にも、似たようなことが言えるのでは?直接関係ないと思っていた経験が、いずれ自分の仕事の役に立つ。そう考えれば興味がなかった分野のことにも触れたみたいと思えませんか?