編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.136 中島みゆき「進化樹」

瀬尾さんは「アーティストと世の中をつなぐ役割」なんだそうです。アーティスト本人が「この曲はこういう意図で作りました」なんてネタバラシすることは滅多にないので、一番近くにいるリスナーとして解説するのも、そんな役割のひとつなのでしょう。

最近はアーティスト本人がSNSで素の自分や私生活の様子を発信したり、直接ファンにメッセージを伝えるなんてことも当たり前の時代になりました。アーティストだけじゃなく、大統領や政治家だってそうです。ただ、瀬尾さんは「一般の人が内情を知りすぎるのもどうか。もっと距離を置いては?」と、有名な人が自ら情報発信することには良し悪しあり、諸刃の剣だ、と言います。

たしかにSNSがなかった時代、芸能人やアーティストはまったく別世界の住人で、どこでどんな暮らしをしているのか、想像もつきませんでした。だからこそ憧れの人であり、特別な存在として輝いていたのでしょう。今の時代は身近な存在であることで人気が出たりするので、「会いに行けるアイドル」がもてはやされたりもしています。

楽曲を作る側としては、受け手の感想を聞きたいという思いはありますが、「これって、こういうことですよね?違う?ではこういうこと?」と、自分が感じたことが合っているかを確かめようとする人もいるようです。なにごとも正解があると信じ、それを明らかにしたり、白黒つけたがる人。でも、楽曲はその人のメッセージを歌で表現したもの。あくまでも投げかけなのです。受け手によって解釈が違うこともあれば、真逆の印象を持つこともあるでしょう。どれが正解ということはないのです。

自分なりの感想を持つ。それを伝える。それだけで十分なのに、ついレビューサイトを見て他人の感想を読んでしまう。そして、作品に対してではなく、誰かの感想に対して共感したり、違う意見を述べたりする。SNSの時代だからこそ当たり前になっていますが、純粋に作品と向き合って自らが感じたことこそ、大切にしたいものです。