編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.137 猫「各駅停車」

最近、このラジオの存在を知ったという1人の高校生からお便りが届きました。中島みゆきさんの曲に出会い、コンサートツアーのDVDで瀬尾さんの存在を知り、そしてこの「ラジオ瀬尾さん」に辿り着いたのだそうです。
不登校の時期があったという彼は、中島みゆきさんの音楽に出会って、その歌詞や歌声に支えられたそうです。人はときに音楽によって救われたり、背中を押されたり、励まされたり。方向転換や前に進むきっかけをもらうことがあります。そう考えると、アーティストや、その楽曲制作に携わる人たちの持つ影響力というのは、とても大きなものだと言えます。

瀬尾さん自身、新しい音楽を生み出そうとする過程では、「どこかの誰か」の寄せ集めではなく、届けた先の1人1人の相手の顔を想像しています。そしてそれぞれの日常の中で楽曲が鳴り響く絵を思い描きながら、音楽制作をしているのです。
でも、作り手が、実際に音楽を届けた相手からの反応を得る機会というのは、実際にはとても少ないものです。瀬尾さんもその例外ではなく、このラジオを始めるまでは特にそうでした。
だからこそ、このようなお便りを通じて、自分たちの音楽が届いていると知ることは想像以上に嬉しいことのようなのです。

受け手が聴いた音楽の感想や思いを発信する機会というのは、インターネットの普及とともにずいぶんと増えました。でも、もし本当に伝えたいと強く思うことがあるならば、ご本人宛の「お便り」というカタチで届けてみてはいかがでしょうか。音楽によって心動かされる人が大勢いるように、心を動かされた人からの「お便り」がアーティストの新たな制作のパワーにつながるということが、想像以上にあるように感じられたのです。