編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.138 中島みゆき「下町の上、山の手の下」

今回も瀬尾さんや中島みゆきさんのファンの方から届いたお便りをご紹介していきます。
みなさんのお便りからは、「これが最後の作品になるのでは?」という不安が感じられることもしばしばです。ファンとしては、いつまでも末長く、新しい作品を送り届けてほしいという想いが強いということなのでしょう。
作り手だって、あえて終えたいと思っているわけではないのです。とはいえ人間ですから、いつかは「最後の作品」となるものが生まれます。瀬尾さんも「いつかは…」を考える年齢に差し掛かってきて、それを考えること自体はおかしなことではありません。今、新しい作品が生み出されること、それを受け取れること自体が貴重なことだと気づかされます。

それから、中島みゆきさんの著書に書かれた海外でのエピソードのお話に。
海外でのお仕事だなんて、なんだか華やかな世界を想像してしまいますが、実際にはハードな行程で体力的にもラクではないようです。一方で、日本とは違い、人目を気にせずにのびのび過ごせる環境でもあるようです。
ずいぶん前のお話だそうですが、ロサンゼルスでのお仕事の合間には、瀬尾さんがみなさんの食事を用意していたことがあったそうです。しかも、中島みゆきさんには好みに合わせてスタッフとは別の、柔らかめのご飯を炊いたりして。「だって炊飯器が2つあるから」と何事でもないように言う瀬尾さんですが、家族思いのお父さん(お母さん?)のようです。そんな細やかな気配りこそが長年、瀬尾さんの仕事が途切れないことを裏付けているような気さえします。