編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.139 ちあきなおみ「伝わりますか」

今回ご紹介するお便りは、「芸術と商売」について。
あまりにも商業的な、お金を稼ぐ目的で生み出された作品は、どこか心の奥まで響かないのです。一方で、お金がなければ作品を生み出し続けることや生活そのものができないので、無償で提供するというのも違うような気がします。

瀬尾さんは、どちらか片方だけではなく、両方ともバランスよく必要だと言います。良い作品が生まれても、誰の目にも触れなければ評価されません。人々の目に触れるためには、宣伝も必要でしょう。そして、良い作品を生み出す人に長く創作活動を続けてもらうには、それなりの対価は必要です。

中には、才能があるのに商業的には売れない、というアーティストがいます。このような人は、時代に合わなかったということもありますが、どちらかというと「待てなかった」「波に乗れなかった」の方が近いのかもしれません。遅咲きの人というのは、先を急がず地道に創作活動を続け、低迷する時期を耐え忍んできた人なのでしょう。同じように、時代の周期を読んで、タイミングよく波に乗れたり乗れなかったりという結果が、再ブレイクにつながったという人もいます。

「今の時代が悪い」と世の中のせいにすることなく、創作を続けること、貫くことが一番の芸術である、瀬尾さんはそう言います。中島みゆきさんは「自分は一周遅れ」と話しているそうです。時代に合わて曲作りをするアーティストは、どこか商業的で、世の中に迎合する「商売」をしていると言えるのかもしれません。一方、自分の信じる道を貫き、歩みを止めずに進み続ければ、周回遅れで先頭に立つ瞬間だってあるのです。

時代の先を行く人が成功しても、きっとそれは長続きしないでしょう。トップランナーが入れ替わるデッドヒートの消耗戦になってしまいます。そうではない人が評価されたり、そういう人を支えるファンがいるということは、アーティストにとっても救いなのではないでしょうか。私たちリスナーも、先頭集団だけではないアーティストにも注目して応援していきたいものです。