編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.140 中島みゆき「LOVERS ONLY」

瀬尾さん曰く、息も歌の一部であり、感情表現にとって重要な役割を担っているのだそうです。歌い出しの前に息を吸う音だって、大切な歌の一部なのです。
しかし、最近の楽曲はこれを機械的に切ってしまうことが多いそうなのです。そうすると、人間の歌声としての自然なニュアンスが伝わらず、ロボットのようになってしまう…瀬尾さんはそう考えています。
息を吸う音を雑音として扱わず、ちゃんと作品に取り入れる瀬尾さんは、レコーディングの際はマイクを何本も用意して、曲や歌い方によって使い分けているそうです。

 

では、なぜ最近の楽曲はロボット的な作り方をしてしまうのか。それは、聴き手にも要因があるのでは?というお話に。
音程がぴったり合っていることが歌のうまさであると思い、ちょっとしたピッチの揺れも「あれ、今、違いましたよね?」と指摘してしまう。
でも、歌い手はロボットではないので、その時の気持ちや体調によっても揺らぎはあり、そこに思いや感情が込められているのです。それも曲の味わいであるのに、常に正解があるかのようにズレない、ブレない完璧さを求めてしまう。
だったら機械的に直してしまおうと思うのは当然かもしれません。しかしその結果として、音楽は工業製品のように規格に沿った画一的なものになっていってはいないでしょうか。
単に音程が合っているから歌が上手い、というだけではなく、そうではない表現力にももっと注目したいものです。そして心を揺さぶられる作品とは何かを考えてみることが大切だと瀬尾さんのお話を聞いてそう感じずにはいられません。