編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.142 中島みゆき「齢寿天任せ」

新年明けましておめでとうございます。
2020年最初の「ラジオ瀬尾さん」です。

年賀状を書かない、という点が共通点だった瀬尾さんと井川さん。
特に井川さんはこれまで受け取ってきた年賀状の数々に一過言も二過言もある様子です。
瀬尾さんも多くは語らずとも、同じような感覚を持ち合わせているようで…!
年賀状のことに限らず、どこか似た感覚を持ち合わせたお2人。
年末も話題に出ていましたが、
自分が「創造して届ける側であるという自負」が強くあるからこそ、
享受する側に立つことが苦手だと感じるものなのかもしれません。
だからこそ、気が合って話が弾むかと思えば、
急にお互いを天邪鬼だ、頑固だ、と言い合ってみたり。
今年も最初からハイスピードで大いにお話は盛り上がります。

新年第1回目だからと言って、1年の抱負を語るなんてことはないし、
中島みゆきさんの全国ツアー目前だからって日常の話ばっかりしちゃうのが
「このラジオらしさ」だと言えそうですが…

今年も浅い話から深ーい話までごちゃまぜで、
この場からお届けしてまいります。
2020年もお聞き逃しなく!