編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、
ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、
時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.144 吉田拓郎・加藤和彦「ジャスト・ア・RONIN」

寒いところが嫌いな瀬尾さん。でも温泉は好きなんだそうです。そんな話からお風呂の話題に。
昔の家庭では銭湯通いも当たり前でしたし、隣の家のお風呂に入るなんてこともあったのだそうです。一方、今やどこの家にもお風呂はありますし、核家族や単身者も多いので、お風呂は家族単位、個人単位が当たり前になりました。
でも、これって昔と比べたらエコじゃない。瀬尾さんは「究極のエコは人口減」と言います。たしかに、人が減れば使う資源も減らせます。クルマも1人1台じゃなくて、みんなで1台に乗った方が環境負荷は低いはずです。
考えるべきは環境のことだけではありません。テレビだって白黒からカラーになり、ハイビジョン、4K、8Kと技術の進化が目覚しく、どんどん新しい商品が発売されます。でも、そんなに高精細である必要はありますか?お店だって、24時間営業のコンビニやファーストフードが溢れています。最近は営業時間や定休日を見直す企業も増えてきましたが、本当にそこまでの便利さが必要なのか、私たちはそろそろ、あらゆる便利さや技術の進化について、立ち止まって考える必要があるのかもしれません。
「人間は好き。でも人が嫌い。」という瀬尾さん。井川さんとのトークを聞いていると、その意味が分かるような気がします。