ラジオ いかひこ深夜便です。

ナビゲーターに、マメヒコ歴15年、
マメヒコをやらんとしてることを誰よりもわかっている、
サカイ氏、を迎えてお送りいたします。
第1回目の今回、取り上げるのは冊子「いかひこ」について。
もともとボクは「マメヒコ」というカフェを作り、
そこから「いかはげ」が生まれ、
「いかひこ」になりました。 その名前たちには、それぞれ深い意味があってですね。
そのことについて深堀りして話していきます。
いままで語らなかった「マメヒコ」や、
ボクの深いところまでサカイ氏は切り込むので、
ボク自身がこのラジオを、とても楽しみにしています。

いかひこネーム さとみ

私がIKAHICOの「写真」の中で一番好きなのは、観覧車から見る津軽海峡の写真です。やわらかくて明るくて淡い感じがして、とても好きです。文章のほうでヨシノが亡くなった人たちを想って手を合わせているからというわけじゃないですが、自分が死んだ後に行くならこんな所がいいなあと思いました。函館公園の他の写真も、遊具のカラフルさがありつつも、全体的に淡くて明るい感じがして、なんというか幸福感が伝わってきました。