編曲家であり、中島みゆきさんのプロデューサーでもある瀬尾一三さんが、
井川さんとの他愛のない話しのなかで、
普段どのように音楽とかかわっているのかをお話しています。
瀬尾さんは、「音楽を使い捨てられるものにしたくない」、
という思いで長年やってこられました。
けれど、その音楽観、仕事観、そして生き様を、ほとんどお話になって来られませんでした。
それは、なんとなくそういうことを口にしてしまうことで、
なにか本質的なものから離れてしまうような気がしたからです。
けれど、このラジオは、ほんとに他愛のない、ゆるーーいはなしばかりですから、
その中で、さすがの瀬尾さんも油断して、時折、キラリと光る良いことを仰ってしまうのです。
そんな瀬尾さんの話しがラジオになっています。

瀬尾一三プロフィール

1947年9月30日生。
兵庫県出身、音楽プロデューサー、編曲家、作曲家。
1969年フォークグループ「愚」として活動。1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』をリリース。同年に今作品収録曲『落陽』が録音された「LIVE’73」を吉田拓郎と共同プロデュース。
その後、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕 剛、德永英明 他、今作品に収録された日本のポップス、ロックシーンの黎明期から現在まで燦然と光輝くアーティスト達の作品の編曲アレンジやプロデュースを手掛け、中島みゆきに於いてはコンサート、『夜会』、『夜会工場』の音楽プロデュースも努めている。

SEO vol.146 風「あいつ」

ついに!瀬尾さんの書籍「音楽と契約した男」が2月10日に発売になりました!
みなさん、もうお読みになりましたか?

中島みゆきさんの楽曲だけではなく、長渕剛さんの「とんぼ」、徳永英明さんの「壊れかけのRadio」など、数々のヒット曲を手掛けた瀬尾さん。誰もが知る名曲をこれだけ生み出すなんて、ものすごいホームランバッターだと思うのですが、本人は「2800曲もやってて、これだけだよ?」となんでもない様子です。

そして、今回は吉田拓郎さんのファンの方からお便りをいただき、そこから瀬尾さんと吉田拓郎さんの思い出話に。
瀬尾さんと拓郎さんは長年のお付き合い。最近はメールでのやりとりばかりだそうですが、かつてはよく飲み歩いたり、ハワイに行ったりしていたそうです。
お互いに「瀬尾ちゃん」「拓ちゃん」と呼び合っていて、エピソードの端々からその親密さが伺えます。
そんなお話を聞いて井川さんも感慨深く感じ入ってしまったようです。

フォーク、ニューミュージック、J-POPと日本の音楽の中心地が変遷してきた間、ずっと第一線で活躍してきた瀬尾さん。
これまで関わった数々のアーティストや楽曲を思い返し、過去を振り返りたい気持ちと、思い出に浸ることへのちょっとした抵抗感があるようです。
まだまだ現在進行形で走り続ける間は、振り返っている暇はないのかもしれません。

「いろんなアーティストとの出会いがよかった。ラッキーだった。」
そう話す瀬尾さんの声は、いつも以上に、軽やかで優しく聞こえました。