マメヒコの井川とクルミドコーヒー、
胡桃堂喫茶店
店主影山知明さんとの対談です。

(影山知明)
井川さんはぼくの人生を2008年~
あらぬ方向へと導いてくれた

張本人であります。

以来、井川さんとはよく会い、
よく話をしてきました。
一緒に話をした時間を集計するアプリでも
あったなら
ぼくの人生においては井川さんがダントツの1位。
その長さはもちろんですが
その中身の濃さ、気付きの多さ。
それは、井川さんが、自分とはまったく違う
タイプだからということも
大きく作用していると思います。
ゆえ、今の自分の大きな部分は
こうした井川さんとの関わりによって
できていると言って、過言ではありません。

マメクル2020 #07 /書きたい、書きたい

長いこと、マメクルをやってきて、一方通行だな。
あーあ、みたいに思ってきたわけね。

ボクたちの話なんて誰が聞いてんだろうか。
いやいや、誰も聞いてないに違いない。

そうではないと知ったのは、マメクルを止めてからなんだよ。
あちこちで、マメクルラジオずっと聞いてましたとか、そんなふうに言われたんだ。

今年になってマメクル2020を始めて、
自分が放った言葉、映像だと、その雰囲気も含めて、
受け取ってくれたヒトたちにコメントを促して書いてもらったの。

すると、みんないろんなことを感じているんだなと知れて、
やってる方は面白いのね。
(昔の映像と比べて井川さん太りましたね、髪も薄くなりましたねという残念情報も含めて)

不特定多数に向けたSNSで、いいねの数がたくさん集まったとしても、
それはなんの意味もないと前から思ってたけど、
いまは、ますますそんなことにやっ気になってるヒトの気がしれない。

このチャンネルを見てくれてるヒトたちに、コメントを書いてくださいと言ってきたけど、
今はそうじゃなくて、
「みなさんここは、書いていいとこなんだよ」と言いたい。

罵詈雑言じゃなければ、コメント欄に、
あなたの自由な気持ちのままに書いていい。
自分の思い出話でもいい。関係のないはなしでもいい。

そういう場所があっていいし、
だれもそれに対して文句をつけたりしないから。

今回から、なるべく編集もしないで、そのまま、出そうと思う。
そして、podcastでも更新したい。

→今回からpodcastに